2022-09

スポンサーリンク
Animal

絶滅危惧種動物 : マイルカ

マイルカはクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科に属しているイルカ。マイルカはマイルカとハセイルカの2つの種類で構成されています。マイルカ属のイルカは、世界中の温帯から熱帯の海域を好んで生息しています。このイルカは世界中で見ることができるイルカですが、実は絶滅危惧種に指定されているイルカです。
Animal

インド洋絶滅危惧種動物 : キタイワトビペンギン

キタイワトビペンギンはイワトビペンギンの亜種。イワトビペンギンはミナミイワトビペンギン、ヒガシイワトビペンギン、キタイワトビペンギンという亜種がいます。キタイワトビペンギンが遺伝的にも形質的にも他の2種とは違うことが分かっています。このイワトビペンギンの内、キタイワトビペンギンとミナミイワトビペンギンは絶滅危惧種に指定されています。
Animal

南米絶滅危惧種動物 : キボウシインコ

キボウシインコは南米に生息するインコの仲間。オランダのボネール島やベネズエラなどに生息しており、生息地は限定的であるため、あまり知られていないインコです。キボウシインコは大型鳥ですので、飼育する場合は注意が必要です。キボウシインコは生息数が減っていることが分かっており、準絶滅危惧種に指定されています。今後次第では絶滅の可能性があるのです。
Animal

日本絶滅危惧種動物 : ライチョウ

ライチョウはユーラシアから北アメリカに至る地域まで広く分布している鳥です。ライチョウの仲間では最も寒い気候に順応できる鳥とも言われています。この鳥は生息地域がとても広いのですが、地域で見ると、絶滅しそうなところがあります。日本では中部地域を中心にこの鳥が絶滅危惧種に指定されているという実態があります。さらに一部ではすでに絶滅が確認されているのです。
Animal

東アジア絶滅危惧種動物 : クサガメ

クサガメは中国や日本、台湾に生息しているカメの仲間。クサガメは爬虫綱カメ目イシガメ科イシガメ属に分類されるカメで東アジアではとても有名です。クサガメは甲羅長が30㎝程度しかないため、人間でも飼育がしやすいと言われているカメですが、実は絶滅危惧種であることを知らない人は多いです。このカメは人間によって、絶滅の危機にあります。保護活動が必要とされているカメなのです。
Travel

【アフリカ旅行】チュニジア : スファックス

スファックスはチュニジア第二の都市でチュニジアの南部に位置している大きな港町です。スファックスの旧市街は門をくぐると、8世紀にアラブ人が造った歴史を感じさせる街が広がっていて、中世を思わせるような街並みになっています。スファックスは商業的にかなり規模が大きい街で、観光地というよりもビジネス街という意味合いが強い街です。
Travel

【アフリカ旅行】アルジェリア : オラン

オランはアルジェリア第2の都市です。オランは商業や貿易の中心地で、多数のカフェやバーが立ち並んでおり、毎日賑わっています。オランはアルジェリアの歓楽地の一つにも挙げられ、古くから多くのフランス人が住んでいたことから、アフリカとフランス、そして港町と商業都市など同時に2つの顔を楽しむことが出来るのが特徴です。オランという街の名前の由来は「2頭のライオン」という意味になります。
Travel

【アフリカ旅行】南アフリカ : ブルームフォンテーン

ブルームフォンテーンは南アフリカの中部にある主要都市で1854年にオランダ系移民のボーア人によって建国されたオレンジ自由国の首都です。ブルームフォンテ―ンはヨーロッパ調の建造物が多い事からわかる通り、ヨーロッパ文化がかなり深く浸透しています。郊外には世界自然遺産に登録されているクレーター跡があるため、多数の旅行客が訪れています。
Animal

ネパール絶滅危惧種動物 : ヒマラヤタール

ヒマラヤタールは名前の通りヒマラヤ山脈付近に生息しているウシ科の動物です。もともとはヒマラヤ山脈付近に生息していた動物ですが、現在はアメリカやニュージーランド、南アフリカにも導入されています。ヒマラヤタールは近年生息数が徐々に減っていることが分かっており、インドやネパールでは準絶滅危惧種に指定されている動物なのです。
Travel

【ヨーロッパ旅行】ウクライナ : ドネツク

ドネツクはウクライナ東部にある大きな工業都市の一つです。ドネツクはドネツク州の中心的な存在で行政組織も多数あります。2014年以降、市内の大半の地域はウクライナ政府の管轄が及んでおらず、ロシア系武装勢力が支配しており、治安はそれほど良くありません。その一方で、観光スポットは多くあり、サッカーやホッケー、バスケットボール、ボクシング、テニス、陸上競技など様々なスポーツが盛んです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました