スポンサーリンク

【南米旅行】チリ : アリカ おすすめ観光スポット情報

Travel

アリカはチリにある都市で観光スポットです。多くの旅行客が訪れる場所です。リゾート開発が進んで、観光業も盛んになってきている町です。ペルーとの国境に位置しています。アリカ・イ・パリナコータ州の港湾都市。人口は180000人でこの地には独自の文化を育むチンチョーロと呼ばれる文明がいきづいていました。当時の出土品やアリカ周辺に点在する地上絵も近年話題になっています。

スポンサーリンク

場所

アリカ(arica)はチリの沿岸都市です。チリ最北部アタカマ砂漠北部の乾燥地帯のエリアにあります。空港の近くには宿も多く、アクティビティが豊富です。人気の場所ですのでネットで検索すればツアーの情報も見つかります。

歴史

この町はインカ帝国が興る以前の時代から存在していたと言われています。考古学的調査により現在のアリカの場所には、少なくとも1万年の間、異なる原住民が居住していたことが判明しています。1500年代にスペインの支配を受け、ポトシ銀山の輸送港として機能していました。1836年から1839年までアリカはボリビアに占領されますがその後独立します。

気候

暑く乾燥した砂漠気候です。年を通して気温は5℃~35℃を推移します。

言語

スペイン語はチリの公用語であります。アメリカ大陸特有の多民族国家であるため、他にも多くの民族言語があります。なお英語は通じません。

治安

チリは、南米のなかで最も治安のいい国です。全体的に安全ですが軽犯罪は多いです。スリや置き引きには十分気を付けてください。

人種

チリ人の多くは白人、白人との混血であるメスティーソの比率がとても高いです。原住民もいてマプチェ民族が多くいます。なお宗教はカトリックとプロテスタントが大半を占めます。

観光スポット1 : アリカ要塞

アリカ市内のどこからでも見れる高さ110mもある巨大な岩山です。この岩山から太平洋に沈む美しい夕日は一見の価値があり観光客に人気です。

観光スポット2 : サン・マルコス教会

ゴシック様式の景観でパリのエッフェル塔を建設したフランスの建築家ギュスタブ・エッフェルが設計した教会としてとても有名です。とても多くの観光客が訪れます。

観光スポット3 : アサパ渓谷

砂漠の雰囲気がある谷です。降水量が少ないチリに野菜、花などが栽培できる土地は重宝されています。市場もあり観光客が訪れます。

観光スポット4 : ラウカ国立公園

チリとボリビアの国境付近に広がるラウカ国立公園。緑豊かな山岳風景が広がっており、とても心が癒されます。チュンガラ湖、アンデス高原の絶景を楽しめます。

宿泊施設

アリカは近年観光業がとても栄えているため、ホテルは充実しています。チャカルタ国際空港が近隣にあります。航空券やホテルの予約は下記リンクから可能です。他の言語にも対応しているサイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました