スポンサーリンク

絶滅危惧種動物バルビー 愛玩犬種プードルとトイプードル

Animal

プードルとトイプードルは恐らく現在の世界で最も人気の犬種でしょう。愛らしい見た目と飼いやすさから、トップクラスの人気を誇る動物ですが、その祖先はバルビーと呼ばれる犬と考えられています。これはまだ確定した情報ではないのですが、外見がとても似ていることからその可能性が高いと言われているのです。プードルの語源は水たまりを意味するドイツ語のプデルから来ており、ドイツ産のバルビーと関連していると思われます。

スポンサーリンク

バルビーの原産地

バルビーはフランスの原産犬です。

バルビー

バルビーはフランスのウォータードッグ犬種。バルビーは最も古い犬種で、15世紀頃に誕生した犬種です。この犬はヘンリー4世やルイ15世に気に入られていた犬種で貴族階級に好かれてました。性格と能力の良さから人間に重宝され、撃ち落された鳥を回収するレトリーバーとして働き、水中にも泳いで鳥を回収していた犬なのです。人気があった犬種ではあったのですが、現代の世界大戦によって大きく生息数が減ってしまいました。そのため希少種となってしまい、バルビーは今後次第では絶滅する可能性がある犬なのです。2005年時点での世界中のバルビーの頭数は600頭前後しかいません。ドッグショーなどで出てくる犬なのですが、人気がなくなってしまっています。性格は大人しく従順で献身的で、運動量もそれほど多くない犬であるがゆえにとても飼いやすい犬です。

プードル

プードルは非常に古くからヨーロッパ各地にみられる犬で、原産地はヨーロッパだと思われます。プードルの語源は水たまりを意味するドイツ語のプデルから来ており、ドイツ産のバルビーが大きく関わっていたことが伺い知れます。フランスでは16世紀ごろから上流階級に人気があり、貴族階級が飼っていたと言われています。17世紀頃から、現在のプードルの原型と思われる犬が絵画や彫刻などに出てくるようになり、近代にはすでに一般人が飼っていたと思われます。プードルは泳ぎが得意で、もともとは鴨猟の回収犬でした。現在あらゆる犬種のなかでも人気が高いトイプードルですが、狩猟犬としての役目は薄れ、愛玩犬となっています。16世紀にミニチュア・プードルが生まれ、18世紀にはトイプードルが生まれました。アメリカではプードルはあまり人気のある犬ではなかったため、1920年代頃に一度絶滅の可能性がありました。しかしその後は少しずつ人気は持ち直し、現在の人気犬種としての地位を築くに至りました。

トイプードル

トイプードルはプードルから生まれた犬です。18世紀のフランスで生まれたと言われており、プードルよりも小型で愛玩ペットとして生まれました。現在は高い人気を誇る犬として知られており、恐らく最も人気のある犬でしょう。現在はフランスの国犬と呼ばれるまでになりました。トイプードルは独特なカールの被毛があり、抜け毛が少ないです。被毛は伸び続けるのでブラッシングや定期的なトリミングが必要ですが、性格はとても従順で飼いやすい犬として知られています。警戒心が強い一面があるので、子犬の頃からしっかりとしつけをして、社会性を身に付けることが必要です。トイプードルは好奇心旺盛なので、たくさん遊びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました