スポンサーリンク

【世界の動物:ビーバー】生態と特徴 絶滅危惧種?    ビーバーと人間の歴史

Animal

ビーバーは北アメリカとヨーロッパに生息しているとても有名な動物。しかし実はビーバーはかつて絶滅危惧種であったことを知らない人はとても多くいるのです。それはいったいなぜなのでしょうか?そしてそもそもの話になりますが、なぜビーバーは絶滅危惧種になっていたのでしょうか?それを記事にしています。

スポンサーリンク

生息地

ビーバーは北アメリカのカナダやアメリカ、さらにはヨーロッパに生息しています。

特徴

ビーバーは齧歯目ビーバー科ビーバー属に属している動物です。ドイツ、フランス、ノルウェー、ロシアなどのヨーロッパ地域に生息するヨーロッパビーバーとアラスカ、カナダ、アメリカに分布するカナダビーバーの2種がいます。体長は70-80cm、体重は11-30kg。ビーバーは水中で生活することができ、水かきがあります。毛皮は水をはじくことができます。ビーバーは齧歯類としては大形で、太く頑丈な体をもち、目と耳は小さいです。ビーバーは普段川や湖、池や沼などを好み、湿原などで生活をしています。生活は夜行性で昼間は休んでいることが多いです。ビーバーは社会性の強い動物で、群れを形成して生活をする傾向にあり、縄張り意識がとても強いです。ビーバーは猫と同じようにおしゃれな生き物で、毛繕いをよくします。これは水の中に入る前に行うことが多いです。ビーバーには天敵がおり、コヨーテ、イタチなどに襲われることがあるため、陸上で活動することが少ないです。

ペットも自宅でおうち美容♪5つの美容機能搭載!本格美容器【CHUCCCA dry spa】

生態

ビーバーは草食性で、1日に2kgの木の葉や草、木の皮などを食辺手生活しています。ビーバーは木などをかじり倒すことが多く、木の枝などを丸裸にしてしまうことが多いです。ビーバーは年に一度繁殖を行います。メスは一度につき1~6頭産むことができます。子供はしばらく親とともに生活をします。2年後になると子供は巣立ちをしていきます。寿命は10〜15年ですが、飼育下だともっと生きることもあります。

絶滅危惧種? ビーバーの歴史

実はビーバーは、現在こそ保護されている動物ですが、昔は絶滅の危機にありました。ビーバーの毛皮は高級素材として広く流通したことから人間によって乱獲されて知ったのです。ビーバーの毛皮はシルクハットの材料として大いに活躍しました。実はフランスの名将であるナポレオン・ボナパルトの帽子もビーバーの皮で作られていました。そのためビーバーは乱獲されてしまい、19世紀には年間で10-50万頭が殺される事態になりました。そのため、ヨーロッパの一部地域では絶滅してしまっていたのです。その後イタリアにてシルクを使った材料の帽子が考案され、ビーバーの毛皮は徐々に使われなくなりました。これによりビーバーの生息数は徐々に回復しました。ビーバーはアメリカやカナダで保護法が確立し、毛皮としてビーバーを乱獲される時代は終わりました。このような悲劇を避けるためにいまでは条約で取引された数だけ毛皮が生産されています。

赤ちゃんやペットにも安心。空間除菌なら除菌水ジーア

ビーバーと人間の歴史

ビーバーは長い間カナダとかなり深い関係にありました。すぐ近くで人間はビーバーと接する機会があったため、とても身近な存在になっていたのです。それを証明するように、1851年にカナダの植民地で発行された最初の絵入り切手にはビーバーが描かれています。さらにカナダでは1975年に国の指定動物になりました。さらには硬貨、ハドソン湾会社の紋章にもビーバーが描かれています。またビーバーはアメリカでもとても印象の強い動物です。ニューヨーク州とオレゴン州ではビーバーが州の指定動物になっているのです。ヨーロッパではビーバーはとても幻想的な動物と言われていました。これはビーバーが水の中でも、陸の上でも生活できる動物であるため、とても神秘的な動物として捉えられていたのです。そのため、色々な作家によってビーバーは作品の中で登場しています。それだけ身近で、不思議な動物として考えられていたのでしょう。

小型犬が食べやすい楕円形の小粒

コメント

タイトルとURLをコピーしました