スポンサーリンク

【ヨーロッパ旅行】デンマーク : ビルン 観光スポットガイド

Travel

ビルンは南デンマーク地域、ユトランド半島中部の町で旅行での人気観光スポットです。情報ではホテルテーマパークなどアトラクションがとても多く、観光客にとても人気があります。世界的な玩具であるレゴ発祥の地で、現在もレゴ本社とレゴランド・ビルンがある場所としても知られています。現在も世界中に出荷されるレゴの多くが生産されています。レゴランドもあり、非常に多くのテーマパークがあります。子供から大人まで満喫できます。人口は6000人くらいの小さな町です。

スポンサーリンク

場所

デンマーク南部エリアに位置する街です。ホテルのグループ会社も多く、空港も近いため、遊びにはとても向いています。アクティビティも多く見どころが多くあり時間や時期によってはイベントが多数あります。

アクセス

コペンハーゲンからユトランド半島方面の電車に乗ります。所要時間は2時間でいけます。バイレという駅があるのでそこでおります。

気候

夏は快適で、冬は長く、非常に寒いです。 年を通して、気温は -2°C~21°Cを推移します。

歴史

1454年に初めてこの町に名前が付きました。Byllundtという名前ですが、1510年に改名されBillundと名付けられました。世界的に有名な玩具メーカーは1934年レゴという名前のおもちゃ工場を作り生産を始めました。第2次世界大戦のときに工場は破壊されてしまいましたが復興されました。

言語

デンマークの公用語はデンマーク語です。しかしながら9割の人は英語も使用できます。実は英語能力指数ランキングでデンマークは世界の3位に入っています。

レゴ

レゴは世界で有名な玩具メーカーです。社名をLEGOとしているのはデンマーク語でよく遊べという意味です。レゴブロックにおける色は、赤、黄、青、黒、白、灰色でこれをモチーフとしています。創業者一族のクリスチャンセン家が作った木工所から始まり、家族経営の会社は、のちに世界中で人気の玩具会社へと成長したのです。

LEGO JAPAN
Amazon.co.jpの公式レゴ ショップへようこそ!1歳半からのDUPLO(デュプロ)シリーズ、定番のシティシリーズからスター・ウォーズまで、充実の品揃え。あなたにぴったりのレゴが見つかります。

観光スポット1 : レゴランドビルン

レゴランドビルンは、デンマークのビルンにある世界初のレゴのテーマパークです。1968年に開園した歴史あるパークで、辺りの雰囲気もすべてレゴブロックで組み立てられているかのような雰囲気を徹底して創り出しており、アトラクションもレゴ風の造りになっており、レゴの世界に入り込んだような気分を満喫することができます。

観光スポット2 : レゴハウス

2017年にオープンしたもので、レゴブロックが重なったような形の建物です。好きなだけレゴを使って遊ぶことができるコーナー、レゴ映画の監督になった気分でアニメーションの短編を作成できるコーナーがあり、子供が楽しそうに遊んでいます。

観光スポット3 : Bindeballe Kobmandsgaard

デンマークの歴史に触れることができる博物館になっており、観光客にも人気です。博物館の周りには、たくさんのショップやレストラン、カフェなどがあります。

観光スポット4 : 彫刻公園ビルン

小川の流れる緑豊かな公園に様々なアーティストによる彫刻が置かれており、屋外で自然とアートが満喫できる場所なんです。とても静かな場所なのでのんびり散歩が出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました