スポンサーリンク

東南アジア絶滅危惧種動物 : コンカラーテナガザル

Animal

コンカラーテナガザルはラオスやベトナムなどに生息しているサルの仲間です。このサルは東南アジアでのみ生息しており、他のテナガザルのように腕は長く、尾はほとんどありません。毛がとても白いサルで、森林地帯に生息しています。このサルは近年生息数が徐々に減ってきており、保護活動が必要になってきています。現在このサルは絶滅危惧種に指定されています。

スポンサーリンク

生息地

コンカラーテナガザルは東南アジアに生息しています。

特徴

コンカラーテナガザルは体長が40-50cm程度のサルで、テナガザルのなかまにあたります。このサルは東南アジアに生息しており、ラオスやベトナム、カンボジアなどに生息しています。コンカラーテナガザルは他のテナガザルのように腕は長く、尾がありません。オスは全身が黒色をしているが、メスは全身が淡いクリーム色をしているため、性差があります。コンカラーテナガザルは常緑、半常緑、落葉林などの森林地帯を好んでおり、枝から枝へと樹間を敏捷に移動しており、ほとんどの時間を木の上で過ごしています。コンカラーテナガザルは昼間に活動し、夜の時間は木の上で休んでいることが多いです。またこのサルは単独生活をすることが少なく、群れを形成して生活します。

生態

コンカラーテナガザルは果実や木の葉、木の芽などを食べており、稀に昆虫や小鳥の卵、カエル、カタツムリを食べています。繫殖形態は胎生。妊娠期間7~8ヶ月の後、1回につき1頭産むことができます。生まれたばかりの子どもは2年ほど親と一緒に生活をします。寿命は25‐30年です。

絶滅危惧種

コンカラーテナガザルは天敵がいます。ヒョウやウンピョウがこのサルを捕食します。それ以外にも人間が最大の脅威になります。コンカラーテナガザルは森林地帯でしか生きていけませんが、人間が森林伐採をしてしまうことにより、生息地域が破壊されており、住める場所がなくなっているのです。コンカラーテナガザルは現在絶滅危惧種に指定されています。東南アジアではこの種の保護活動を行っています。

飼育

コンカラーテナガザルは絶滅危惧種であり、さらに森林地帯でしか生息しないことから、一般人が飼育することは不可能です。動物園で鑑賞するか、東南アジアまで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました