スポンサーリンク

東南アジア絶滅危惧種動物 : ヒゲイノシシ

Animal

ヒゲイノシシは鯨偶蹄目イノシシ科に属する動物です。生息地はマレーシア、インドネシア付近の熱帯雨林やマングローブです。ヒゲイノシシは大きくて足の長い動物で、ブタです。メスよりオスのほうが体格が少し大きいです。社会性のある動物で集団生活をしています。このイノシシは近年生息数が徐々に減ってきています。現在絶滅危惧種に指定されており、保護活動を必要とする状況になってきています。

スポンサーリンク

生息地

ヒゲイノシシはスマトラ島やボルネオ島などに生息しています。

特徴

ヒゲイノシシは体長120-150cmで40-100kg前後ある動物。すべての種の中で最も細い胴体と最も長い頭を持っています。体格はメスよりオスのほうが大きいです。体は一般的に淡い灰色ですが、地域や個の状態に応じて、赤褐色、暗褐色、または非常に淡い色になります。主にマレーシアのボルネオ島やインドネシアのスマトラ島、さらに周辺の島々にのみ生息しています。熱帯雨林やマングローブを好み、家族で生活をしています。ボルネオ島に生息する個体はヒゲイノシシと呼ばれており、スマトラ島に生息する個体はニシヒゲイノシシと呼ばれています。このイノシシは鋭い牙を持っており、オスで25cmの長さに成長します。ヒゲイノシシは朝と午後に最も活発に活動します。

生態

ヒゲイノシシは植物性で果物、根、ナッツ、植物などを主に食べて生活しています。ヒゲイノシシは一年中繁殖しています。妊娠期間は3-4か月程度あります。1回につき1-7頭前後産むことができます。生まれたばかりの子は、出生後約1週間は巣の中にとどまります。この間母親は過敏になっており、近づいた生物をすべて追い払う行動を見せます。寿命は約13年程度と言われています。

絶滅危惧種

ヒゲイノシシはマレーシア半島とスマトラ島に生息していますが、この生息地域では環境破壊が進んでおり、生息数が徐々に減ってきています。ヒゲイノシシは地元の住民によって食用にされることもあり、狩猟も大きな脅威になっています。さらに森林伐採も進んでおり、ヒゲイノシシの生活できるエリアが縮小し続けており、生息地がなくなってきています。現在ヒゲイノシシは絶滅危惧種に指定されてます。

飼育

ヒゲイノシシは現在生息数がどんどん減ってしまっている状況です。そのため一般人が飼育することはかなり難しいです。動物園で鑑賞するか、東南アジアまで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました