スポンサーリンク

アフリカ絶滅危惧種動物 : カッショクハイエナ

Animal

カッショクハイエナはハイエナ科カッショクハイエナ属に分類される動物。彼らは、ライオンやヒョウなどが食べ残した死肉を食べます。カッショクハイエナは南アフリカやナミビアなどのアフリカ南部地域に生息する動物です。彼らは近年生息数が減ってきており、準絶滅危惧種に指定されています。骨などが薬用になると信じられているため、乱獲されているのです。

スポンサーリンク

生息地

カッショクハイエナはアフリカ南部に生息しています。

特徴

カッショクハイエナは全長110-140cm、体重35-50kg。このハイエナは南アフリカ、ナミビア、ボツワナ、ジンバブエに生息しています。体毛は粗く長く,毛色は褐色で首と四肢の下部が灰色。活動時間帯は夜で、昼は休んでいることが多く穴の中で身を潜めています。とても足が速い動物で、最高時速50km/hで走ることができます。カッショクハイエナは、通常5頭前後から成る群れを形成します。この群れは広い時には500㎢近い行動圏を持ち、その中をエサを探して移動します。また群れ同士で抗争を起こすこともあります。ハイエナは草原や砂漠地帯を好んで生息します。

生態

カッショクハイエナはライオンやヒョウなどが食べ残した死肉を食べます。カッショクハイエナは、死肉のありかを、数km先からでも鋭い嗅覚で嗅ぎつけます。水分は基本的にエサから摂取します。繁殖は主に5月~8月に行われます。妊娠期間は約100日あり、メスは1回につき1-5頭を産むことができます。育児は群れのメンバー全員で行われます。子供は生後8日で目を開き、1歳で離乳します。性成熟は2年から3年かかります。寿命は飼育下においては12‐15年ほど生きることができます。

絶滅危惧種

カッショクハイエナは体の一部が薬用になることから狩猟が絶えません。また、現地住民に捕食されることもあり、生息数が徐々に減っています。近年までカッショクハイエナは家畜を襲う動物として知られており、住民によって駆除されることが多かったのですが、これは迷信でした。そのため最大の脅威は人間で、保護活動が必要な状態です。現在カッショクハイエナは準絶滅危惧種に指定されています。現在のカッショクハイエナの推定生息数は5000程度と言われており、かなり少数になってしまっています。現在この動物はナミビアのエトーシャ国立公園やボツワナのカラハリ トランスフロンティア パークなど特定の保護地域で生息しています。

飼育

カッショクハイエナは準絶滅危惧種に指定されています。そのため、保護地域で生息していることが多く、飼育することは難しいです。動物園で鑑賞するか、アフリカまで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました