スポンサーリンク

南アフリカ絶滅種動物 : ケープライオン

Animal

ケープライオンはすでに絶滅してしまったライオンです。かつて南アフリカにはケープライオンというネコ科のライオンが住んでいました。ケープライオンは20世紀ごろまでに絶滅が確認されており、かなり前に消えてしまいました。現在ではアフリカの内陸部にわずかに生息していると言われていますが、それも定かではありません。ケープライオンはサハラ以南のライオンの中で最大種でしたが、なぜ滅んでしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

生息地

ケープライオンは南アフリカに生息している動物です。

特徴

ケープライオンのオスの成体は体重230kg、体長300cm、体高106cm。ケープライオンはサハラ以南のライオンの中で最大種でした。ケープライオンはかつては熱帯降雨林とサハラ砂漠を除くほとんどの地域に住んでおり、ギリシャ、小アジア、アフリカ全域に住んでいたと言われています。頭骨などはトラに似ていますが、体つきはトラに比べて胴が短く四肢が長いです。耳は先が丸く、耳介の裏面は基部が黒く白斑があります。体色、たてがみの長さや色は地域によって差異がありました。ケープライオンは普通10頭前後の群れを形成し、生活しています。走る速さは時速48~60kmになります。

生態

ケープライオンの狩りは普通、夕方から夜間に行われます。ケープライオンはヌー、シマウマ、トムソンガゼル、イノシシなどを捕食しています。繁殖期は決まった時期がなく、一年中行われます。妊娠期間は100~116日。1回につき1-4頭産むことができます。子供の目は2~3週間で完全に開き、8~10週間乳を飲むようになります。3週間ほどで歩けるようになり、3~4歳で性成熟します。寿命は25年程度です。

絶滅危惧種

ケープライオンは絶滅してしまっています。かつてはギリシャ、中東、アフリカに広く分布していました。しかし、南アフリカ近辺がイギリスやオランダに支配されるようになると、ヨーロッパ人猟師によってライオンは狩られるようになりました。最初にイギリス人が入植してきてからたったの数十年で10000頭いたケープライオンの数は僅か100頭にまで減少。さらには鉱物資源を開発するために、土地開発も進み、ライオンの生息できる地域がなくなってしまいました。20世紀に入り、いよいよ生息が確認できなくなりました。飼育下ではパリのメナジュリー動物園の1860年に死亡したオスのケープライオンが最後だと言われています。

飼育

ケープライオンは絶滅してしまいました。飼うことができません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました