スポンサーリンク

【アフリカ旅行】モロッコ : カサブランカ

Travel

カサブランカはモロッコで最も大きな都市です。カサブランカはスペイン語で、白い家を意味していて、モロッコ経済の中枢にあたる都市です。フランスの支配を受けていた過去があることから、街並みがヨーロッパ風であることが特徴です。紀元前からベルベル人が住んでいたこの都市はとても長い歴史を誇っており、紀元前から歴史が始まっています。ヨーロッパやアフリカから多数の観光客が訪れます。

スポンサーリンク

場所

カサブランカはモロッコの北部に位置している都市です。

歴史

カサブランカは紀元前10世紀にはすでにベルベル人が住み着き始めていました。その後、フェニキア人やローマ人と交易を始めます。中世はイスラム勢力のムワッヒド朝の支配を受け、その後、ポルトガル人によって町は焼き払われますが、再建された町はカサブランカと名付けられました。近代はフランスの支配を受けましたが、1956年にモロッコは独立を果たしました。

気候

カサブランカは地中海性気候に属しています。年を通して9℃~26℃を推移します。夏は暖かく、冬は涼しいです。

言語

モロッコではアラビア語とベルベル語が公用語になっています。また以前フランスの支配を受けたことから、フランス語も使われています。

治安

カサブランカは巨大都市で、観光客を狙った強盗が多いです。夜道を歩く場合などは十分に注意が必要です。

人種

モロッコではアラブ人とベルベル人がほとんどを占めています。

産業

カサブランカは港湾都市で貿易がとても盛んで、かつ、モロッコ最大の経済都市です。モロッコ経済の中枢を担っている都市です。

宗教

モロッコではイスラム教が国教になっています。その他キリスト教徒とユダヤ教徒がいます。

通貨

モロッコではディルハムが使用されています。

観光スポット1 : Hassan II Mosque

世界で一番高く、モロッコでも最大のモスク。敷地内にはカフェもあります。巨大モスクで内部に約25000人収容可能です。

観光スポット2 : Place Mohammed V

ムハンマド5世広場はカサブランカを代表する広場。 市庁舎や郵便局、裁判所を始め、映画館やショッピングセンターが周囲にあります。

観光スポット3 : Old Medina

旧市街は狭い路地の両側にたくさんの商店が並んでいます。モロッコでしか買えないものもあるため、必見ポイントです。

観光スポット4 : Corniche

観光客や地元の人たちがリラックスするために訪れるスポット。遊歩道を散策しながら、海を眺める場所です。

観光スポット5 : Anfa Place

カサブランカのショッピングセンターです。地元の住民に大人気の場所ですが、観光客にも人気があります。

観光スポット6 : Morocco Mall

北アフリカ最大のショッピングモール。ブランドショップやフードコート、モロッコのスーパーなど多数のお店が入っています。

観光スポット7 : Marche centro

中央市場は地元住民に人気のある市場です。非常に安い価格で物を買うことができます。

観光スポット8 : Quartier Habous

衣類や革製品、雑貨・真鍮製品・カーペットなどのお店が並ぶ場所です。迷路のように入り組んだ路地が特徴ですが、迷わないようにしましょう。

観光スポット9 : Ain Diab

カサブランカのビーチの中で、最も人気が高いビーチ。ヨーロッパからの観光客もたくさん訪れにぎわいます。周囲にはレストランが多数あります。

観光スポット10 : Musee Abderrahman Slaoui

個人のプライベート・コレクションを展示する博物館。アンティーク・ジュエリーやスプーン・ナイフなどの美しい食器類、古いモロッコのポスターなどが展示されています。

宿泊施設

カサブランカは宿泊施設が充実しています。最寄りにムハンマド5世国際空港があります。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました