スポンサーリンク

動物 : 猫の視力、動体視力、視界

Pet

猫は普段どのように物が見えているのでしょうか。猫は目に見えて瞳孔が細くなったり暗闇で光ったりと、人間とは違う特徴を備えています。猫のしぐさや行動を見たときに、目がしっかりと見えているのかどうかが気になる人も多いでしょう。近年では科学技術の脅威的な進歩によって、猫がどのように物が見えているのか、わかってきています。

スポンサーリンク

視力

猫の視力は人間の10分の1程度、およそ0.1〜0.2といわれています。物を正確に識別できる距離は10m先くらいまでで、それ以上の遠いものは見えません。静止している物は霞んで見えるようです。猫が見せる首を傾げる仕草は、物を見ようとして角度を変えているのです。

赤色

人間の目が認識できる光は『光の3原色』と呼ばれる赤、緑、青の3色。この3色の組み合わせでさまざまな色を認識しています。猫はこの3色のうち『赤色』を認識することができず、認識できるのは緑と青だけなのです。猫が見える色は以下。

  • 灰色や黒
  • ピンク
  • 茶系
  • グリーン

暗闇

猫は暗闇の中でも目が光るため、軽快に行動できます。猫の網膜の裏側に「タペタム」という薄い膜にあります。タペタムはいったん網膜を通過した光を鏡のように反射し、その光を約40%アップさせ再び網膜に感じさせます。暗闇で猫の目が光るのも、この反射機能によるものです。暗闇では光を取り入れようとして、瞳孔を最大限に広げます。暗闇で猫の瞳がまん丸になるのはそのせいです。

動体視力

動くものを認識し、視線を外すことなく持続して識別する視力「動体視力」は、人よりも優れています。猫が野生で生きていく中で素早く動く小動物や昆虫などを捕えるために備わった能力といえます。1秒間に4mmというわずかな動きでも感知できるともいわれています。この能力があるからこそ、ネズミをとらえて食べることができるわけです。

弱点

猫は動体視力が優れてすぎているために苦手なこともあります。それは「動きが遅い物体」です。素早いものを目で追うことは得意なのですが、反対に「ゆっくりと動くもの」が非常に苦手だと言われています。動体視力が優れているために逆にゆっくりなものには「止まっている」と勘違いさせてしまうこともあるのです。

猫の目の色

猫の目の色は、大きく分けると4種類に分類されます。グリーン、ヘーゼル、アンバー、カッパー。グリーンはヨーロッパの猫でよく見られます。ヘーゼルは茶系とグリーンが混ざり合う色で、世界各地の猫で見られますね。アンバーはヘーゼルと違って強い黄色です。カッパーは茶系の目をしており、東アジアなどの猫がこの傾向にあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました