スポンサーリンク

猫の本能 : なぜ猫は車に轢かれるのか? 生態と性格

Pet

自分の飼いネコが車に轢かれて死んでしまう。そんな経験をした人は世界中にいくらでもいるでしょう。なぜ猫達は車に轢かれて死んでしまうのか?それは動物の生態が深く関係しています。猫には独特の性質を持っており、これが轢かれて死んでしまう原因とされています。

スポンサーリンク

なぜ猫は車に轢かれるのか?

動物が道路上で車に轢かれる死亡事故は絶えません。特に猫が引かれてしまうことが非常に多いです。これには猫の生態と性格が関係しているといいます。それではいったい、どのような猫の生態と性格が関係しているのでしょうか。

自由奔放

猫は犬のように誰かの指示を聞いて動く動物ではなく、自由で気ままに動くことを好む動物です。猫には人間の交通ルールなどはありませんから、交通事故に遭いやすいです。特に猫からすると、車という得体のしれない物体がどうやって動いているのかすらわかっていません。信号が青の時に道路を渡るとか、横断歩道を歩くなどのルールもありません。そのため、猫はあくまで自分のペースで動きますから、事故になりやすいのです。

獲物

野良猫や地域猫が交通事故に遭いやすい理由として、外で暮らしている野良猫は、獲物を獲って暮らしています。獲物のネズミや虫を夢中で追いかけているうちに道路に出てしまって、交通事故に遭ってしまうことが多くあります。これは猫の狩りの本能がそうさせてしまっており、途中で車が飛び出してきたとしても猫は狩りに夢中です。

喧嘩

猫は一匹狼の動物であり、自由気ままに生活をしますが、自分のテリトリーを持っています。自分の縄張りに他の猫が入り込むと喧嘩になってしまいます。結果になると周りが見えなくなり道路に飛び出してしまう猫も少なくありません。猫が集中しているのは対峙している猫であって、車ではないのです。猫からすると、まるで不意打ちを食らうようなものです。

子猫

子猫は成猫よりも交通事故に遭いやすいと言われています。。車がどのようなものか分かっていない、危険に感じていないため、平然と道に出てしまうのです。何もわからないわけですから致死率も大きく上がってしまいます。交通事故に遭った子猫の半数近くは、即死になってしまうと言われています。

後ろに歩行できない

これは猫の本能そのものです。猫は前には勧めますが、後ろにはなかなか引けません。車が走っている道路に飛び出してしまうと、後退りができずに車の前で硬直して轢かれてしまいます。猫は体の構造上、後ろ歩き・後ずさり が苦手なのです。

パニック

猫は車に直面したときに恐怖で身動きが取れなくなってしまうという性質を持っています。これはタヌキとよく似ていて、タヌキも大きな音がするとパニックになって死んだふりをします。猫も同様で、大きな音を立てて走っている物体に対してどうしていいかわからずパニック状態になると言われています。

猫が交通事故にあった時の対処方法

病院

交通事故にあった猫は、出来るだけ早く動物病院に連れて行きましょう。猫は人間のようにしゃべれないので、どれくらいの負傷なのかが全く分からない場合もあります。交通事故にあって外傷なしに見える場合でも、後から症状が出てくる場合もありますので、必ず病院に行ってください。

保護

車に轢かれても、まだ動ける猫は恐怖心で一杯になってしまい、逃げようとして、さらに車がいる方へ走ってしまうかも知れません。タオルや毛布などで包むようにして抱き上げましょう。恐怖心を解いて上げることが最優先です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました