スポンサーリンク

中国絶滅危惧種動物 : ハイイロネコ 世界で最も知られていない個体

Animal

ハイイロネコとは世界で最も謎に包まれており、世界で最も知られていないという猫です。猫のほとんどは生態も性格も、そして特徴もはっきりしており、飼育している人も多数いますが、この猫は例外なのです。謎ばかりのこの猫はチベット高原にのみ生息しており、絶滅危惧種にも指定されています。生息数もかなり限定されていると言われています。

スポンサーリンク

生息地

ハイイロネコはチベットに生息していますし固有の動物です。写真はあっても、情報のないネコで科学面からの協力を得て、研究活動が進められています。そのうち調査結果も出てくるでしょう。

特徴

ハイイロネコは中国西部にのみ生息している小型の野生猫です。ヨーロッパヤマネコと良く似ていて、体長は60-70cm、体重は5kg前後と言われています。下部は白く、脚と尾には黒い輪の模様があり、体色は砂色です。ハイイロネコは生息地が極めて限定的でチベットを中心に四川省、青海省などにも生息しています。森や低地などに生息しており、たまに標高3000mの地域でも発見されています。ハイイロネコは夜行性の猫で、昼間は休んでいることが多いと言われています。この猫は2007年ごろまで、わずか数頭しか存在を確認されていませんでした。

生態

ハイイロネコは小型の鳥や昆虫、ネズミなどを食べて生活しています。繁殖形態は胎生。1月から3月あたりにかけて繁殖を行い、1回につき2-4頭産むことができます。生態についても謎が多くあまり知られていない部分が多いです。

絶滅危惧種

ハイイロネコはごく最近までその存在はほとんど知られていなかったため、調査すらほとんどされていませんでした。2007年まではわずか数頭しか確認されておらず、近年になってようやく保護されるようになりました。ハイイロネコはそもそも生息数がとても少ないため、絶滅危惧種に指定されています。またワシントン条約附属書Ⅱにも掲載されており、国際取引にも制限がかかっています。ハイイロネコはネズミ捕り用の毒を飲んでしまうことにより死んでしまう例が多発しています。そのため、保護されるようになりました。

飼育

ハイイロネコは生息数も少なく、保護されている動物なので飼育は難しいです。チベットまで行くか、動物園で鑑賞してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました