スポンサーリンク

【南米旅行】ボリビア : コチャバンバ

Travel

コチャバンバはボリビアの第三の都市と言われています。コチャバンバはアンデス山脈の盆地にある都市で、標高2600mにある都市です。かつてはボリビアの最大級の都市と言われていましたが、サンタクルスに経済規模で抜かれてしまいました。しかし自然が美しく、農業が盛んなこの地はとても心が癒されます。高層マンションやおしゃれなブティックなどが多数あり、観光客も多数訪れている都市です。

スポンサーリンク

場所

コチャバンバはボリビアの中部に位置している都市です。

歴史

コチャバンバはスペイン人が開拓するようになってから、発展することになります。ポトシなどの鉱山への食糧供給地として、大きく経済が発展しました。18世紀になり銀鉱山が衰退し始めると、この町も衰退するようになりました。しかし近年は農業が盛んになっており、再び活気が出てきています。

気候

コチャバンバの夏は短く、冬はほとんど晴れています。年を通して気温は4℃~26℃を推移します。

言語

ボリビアの公用語はスペイン語、ケチュア語、アイマラ語、グアラニー語です。都市部ではほぼスペイン語が使われています。

治安

ボリビアは比較的治安のよい国ですが、全体的に都市部でスリがとても多いです。大きな街では特に発生率が高いので注意してください。

人種

ボリビアではケチュア人、メスティーソ、アイマラ人、ヨーロッパ人、アフリカ人など様々な民族が住んでいます。

宗教

ボリビアではカトリックを国境としています。ボリビア人の95%がカトリック教徒です。残りはプロテスタントです。

通貨

ボリビアではボリビアーノが使われています。

観光スポット1 : El Cristo de la Concordia

コチャバンバには大きいキリスト像が立っています。像のなかに入って上ることもできます。コチャバンバの象徴的な建物です。

観光スポット2 : Palacio de Portares

1915年から1927年に建てられた建物です。富豪であるシモン・パティーノが所有していたポルタレス宮殿。内部ツアーガイドがあります。

観光スポット3 : Tunari Peak

コチャバンバのハイキング・トレッキングスポットです。美しい大地が広がっており、散歩をするためにここに来る人もいます。

観光スポット4 : Plaza 14 de Septiembre

コチャバンバの中心広場。2016年に改装工事がありました。家族連れやカップルなど地元住民が多数この地を歩いています。

観光スポット5 : La Cancha

コチャバンバの市場です。地元住民がたくさん集まり、観光客にも人気があります。ただしスリが多いので注意してください。

観光スポット6 : Convento Museo Santa Teresa

植民地時代に建てられた修道院。中には絵画や彫像があり、とても見ごたえがあります。修道院は改修されており、とても綺麗です。

観光スポット7 : Parque de las Aves Agroflori

コチャバンバの動物が集まっている場所です。入場料はすべて動物をサポートするために使われます。狭いスペースに多数の動物が飼育されており、ちょっとかわいそうに見えます。

宿泊施設

コチャバンバは宿泊施設が充実しています。最寄りにホルヘ・ウィルステルマン国際空港があります。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました