スポンサーリンク

【アフリカ旅行】ギニア : コナクリ

Travel

コナクリはギニアの首都であり、最大の都市でもあります。この都市は港湾都市として有名で、交易でとても栄えている場所です。コナクリは西アフリカでも有数の美しいビーチを持っており、アフリカ西岸地域でも見どころが多い都市といわれています。世界遺産に登録された豊かな自然が最大の見どころで、観光客も訪れている場所になっています。

スポンサーリンク

場所

コナクリはギニアの南部に位置している都市です。

歴史

コナクリは1800年代まで人口がわずか500人程度の小さな村でした。しかしここへフランスが入植するようになり、支配下に置かれるようになってからは経済発展が進みました。フランス領ギニアとなってからは鉄道が建設され、貿易港として大きく発展しました。

気候

コナクリは熱帯気候に属しています。12月から4月は乾季にあたりほとんど雨が降りません。年を通して気温は20℃~35℃を推移します。

言語

ギニアの公用語はフランス語です。ギニアは多民族国家であるため、民族の言葉も多く使われています。

治安

コナクリはスリや万引きなどが多いの注意が必要です。コナクリ市内においては、ほぼ全域で犯罪が発生していますがラトマやマトトの両地区で犯罪が集中しています。

人種

フラニ族、スースー族、マリンケ族がとても多いです。その他にも少数部族が多数います。

産業

ギニアは農業の国で70%の人が農業に従事しています。さらにボーキサイトの埋蔵量は世界の3割を占めており、鉱業もとても盛んになっています。

宗教

ギニアではイスラム教徒が85%を占めています。その他はキリスト教徒がいます。

通貨

ギニア・フランが使用されています。

観光スポット1 : Îles de Los

コナクリでも最も美しいビーチ。コナクリでのリゾート観光に欠かせないスポット。アフリカ周辺諸国の人々や欧米の観光客が週末にバカンスに大勢やってきます。

観光スポット2 : Musée National de Guinée

ギニア国立博物館ではコナクリの歴史や文化、さらにはギニアに住んでいる部族に関する展示が多数あります。ショップも併設されているので、観光のお土産選びにも困りません。

観光スポット3 : Grande Mosquée

ギニアには多数のイスラム教徒がいます。ギニアで一番の規模を誇り、一番有名なモスクです。旅行客に人気の写真撮影スポットにもなっています。

観光スポット4 : Jardin 2 Octobre

10月2日庭園はギニアがフランスから独立し、初代大統領セク・トゥーレが就任した日にちなんでいます。メリーゴーラウンドやアスレチックなどの遊具も設置されています。

宿泊施設

コナクリは宿泊施設が充実しています。最寄りにはコナクリ空港があります。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました