スポンサーリンク

日本絶滅危惧種動物 : ニホンジカ

Animal

ニホンジカは日本に生息する絶滅危惧種の動物です。シカ科シカ属に属しています。ニホンジカにはエゾシカやヤクシカなどの亜種があり、四国に分布するシカはキュウシュウジカと呼ばれています。夏毛の白い斑点や大きな白い尻斑が特徴です。とてもかわいい顔をしており、人間に人気があります。また、シカのほとんどは社会性があり、集団で生活をする習性を持っています。残念ながら日本の環境省によって絶滅危惧種として分類されていますが、近年急増していることがわかってきています。

スポンサーリンク

生息地

ニホンジカは哺乳綱偶蹄目シカ科シカ属に分類される偶蹄類。ニホンジカは主に日本に住んでいますがその他ではロシアや中国、東南アジアの森林や植生地域にも生息しています。ニホンジカはイノシシなどの獣と同様に自然環境等を好みますが、個体が捕獲される状況も多くありますので安全対策も必要になっています。狩猟からの保護が必要になりますが、増加が問題にもなり生態系に影響を及ぼすこともあります。毎年県政(観光、文化)においても議題になりやすいです。

特徴

夏毛は茶色で白斑があり,冬毛は灰褐色になります。黒い毛で大きな白い尻斑を持っています。喚毛期は5~6月,9~10月です。体長はオスで90~190cm,メスで90~150cm。体重はオスで50~130kg,メスで25~80kg。森林地帯を好み「林縁の生活者」と呼ばれています。農林業被害を起こしやすく、しばしば農家に駆除されてしまうこともあります。日本では野生鳥獣による農作物被害額は100億円をこえていますので対策計画や管理も必須。サルやシカ、シシによるものです。自然環境が好みと言う情報が多いです。

生態

とても社会性が強く、群れで生活します。繁殖期を除き通常はオスの群れとメスの群れに分れています。繁殖期になるとオスとメスが一緒になります。200-220日の妊娠期間を経て7月頃に一頭を出産します。シカは主にイネ科の草や木の葉、ドングリを食べていますがほぼすべての草を食べることができます。昼夜を問わず活動をしています。寿命はオスは約15年、メスは約20年。

絶滅危惧種

2000年初頭にはニホンジカは絶滅危惧種とされていましたが、近年急増していることがわかっています。戦後の乱獲で生息数が激減していたのですが、乱獲が規制された後は急増しています。シカは農林業被害を起こしやすい動物です。農作物を食べてしまったりするのです。スギやヒノキの苗木や成木の樹皮が食害を受けたり、ツノ研ぎをする習性のために幹の皮が剥げて樹木が枯死するなどで林業や農業を営む人にとっては脅威となります。その為近年は駆除する人も増えています。

飼育

ニホンジカの生息地である日本ではニホンジカの飼育は禁止されています。鳥獣保護管理法という法律があるためです。一般人が飼育することはできない為、動物園へ行くか、日本へ旅行してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました