スポンサーリンク

【世界の動物:アヒル】起源と歴史 生態と特徴

Animal

アヒルは現在の世界各地で飼育されているカモ科の鳥類です。生物学的にはマガモと同種であり、品種改良も行われていることから、多数の種類がいます。現在では家畜としても飼育されており、家畜化の時期はニワトリよりも新しいとも言われています。アヒルの歴史は何千年にも及ぶため、かなり長い歴史を持っています。

スポンサーリンク

特徴

アヒルは全長50-80cm、体重は3-5kgの鳥類です。アヒルはマガモを家畜化したものであり、古代の時代から人間が飼育している動物です。オスよりもメスのほうがサイズは小さめです。くちばしが黄色であることが最大の特徴で、足も黄色であることが多いです。足には水かきがあり、泳ぐこともできます。体温は40℃前後。現代のアヒルは世界各国で飼育されており、さらには品種改良もされていることから、かなり多くの種類が存在します。アヒルは人間を警戒するわけでもないため、ペットとしてもとても高い需要があります。たまに子供などがアヒルにちょっかいを出して、嘴で突かれてけがをすることもありますが、基本的に攻撃をしてくることは稀です。

定額制ウォーターサーバー【Lapis-ラピス-】

生態

アヒルは穀類、草、さらには昆虫などを捕食して生活しています。アヒルのメスは生後半年程度で卵を産めるようになります。発情期は、早春から秋にかけてで、この時期交尾をします。アヒルは群れで生活する性質があります。群れでは強いオスのアヒルが群れのリーダーとなり、その群れでの交尾は、このオスに集中する傾向があります。アヒルは、産卵から1か月で雛が孵化します。寿命は5年~20年程度とかなり差があり、野生か、飼育でかなり差が出ます。

起源

アヒルの起源は中国やヨーロッパと言われています。どちらが起源かはまだ分かっていません。マガモが家畜化されたものがアヒルになったと言われており、家畜化されていったのはおそらく4000年前ごろではないかと言われています。

小型犬が食べやすい楕円形の小粒

歴史

アヒルは中国やヨーロッパでまず飼育されるようになり、のちに西アジアやアメリカ大陸などでも飼育されるようになりました。古代ギリシャでは紀元前500年頃にはすでに家畜化されていました。アヒルが家畜化された理由としては多数あります。アヒルの肉は人間の食用になること、アヒルの毛は布団になること、さらにはアヒルの卵は加工食品にもなります。アヒルの卵は細菌が多数含まれているため、生で食べることはできません。このような背景があり、アヒルは人間と密接に生活をするようになり、地域ごとで様々な品種が生まれていきました。愛玩用、鑑賞用、食肉用、さらには卵用など、用途に合わせて様々なアヒルが登場しています。最もアヒルの飼育が遅い地域はアメリカ大陸でした。アメリカでは1800年代ごろになり、ようやく飼育されるようになったのです。

赤ちゃんやペットにも安心。空間除菌なら除菌水ジーア

肉用種

肉用種アヒルはペキン、ルーアン、エールズベリーなどが該当します。年150~200個の高産卵能力があり、体重は4kgを超える大形種です。世界でもっとも多く飼われている種別です。

卵用種

インディアンランナーとカーキーキャンベルが該当します。産卵数は年200~250個で、かなりたくさんの卵を量産できるアヒルです。

飼育用

アヒルは愛玩用や観賞用として特化していったものもあります。ナキアヒルやシルバーアップルヤードなどが該当します。多くの家庭で飼育されており、室内で飼育している家庭もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました