スポンサーリンク

スペイン絶滅危惧種動物:ユーラシアヒグマ

Animal

ヒグマといえば、ユーラシア大陸、北アメリカ大陸に広く生息している動物として知られています。ヒグマはクマ科の中では最も大きい動物で、人間から見てもかなりの脅威になりえる動物です。ヒグマの生息数は世界的に見ればとても安定していると言われていますが、実はスペインではたった200頭しか生息しておらず、絶滅危惧種になっているのです。

スポンサーリンク

生息地

ユーラシアヒグマはユーラシア大陸や北アメリカ大陸の北部に広く生息しています。学名:Ursus arctos。英名はBrown bear。検索情報はかなりヒットする動物なので、そこそこの知名度はあります。

特徴

ユーラシアヒグマはヒグマの中でもユーラシア大陸に生息しているクマ科の動物です。北アメリカに分布しているヒグマはグリズリーと呼ばれます。ユーラシアヒグマは体長150~300cm、体重80~600kgとなるため、人間よりも大柄で人間を殺すこともできる動物です。ユーラシアヒグマは毛色も亜種や生息域などによって異なり、褐色や黄褐色、灰色っぽいものや黒色に近いものもいます。四肢の足幅は広くて、手には長くて丈夫な爪があり、これが武器になります。歩くときは蹠行性で、足の裏を全部地面につけて歩きますが、外敵に出会うと立ち上がって威嚇し、前足の鋭い爪で攻撃をします。ユーラシアヒグマは森林や草原地帯、ステップ地帯やツンドラ地帯など様々な地域で適応できる能力を持っています。ユーラシアヒグマは単独行動がとても好きな動物です。ユーラシアヒグマは大柄な割にとても歩行速度が高く、最高時速は50kmと言われています。木登りはあまり上手くないです。

生態

ユーラシアヒグマは雑食性の動物ですので、木の実や果実だけでなく、昆虫や魚、動物の肉を食べることもあります。ユーラシアヒグマはとても強いため、哺乳類などを倒して食べることもあります。ユーラシアヒグマの繁殖形態は胎生です。繁殖期は5~7月頃で、妊娠期間180~266日あります。メスは一度に1頭から3頭産むことが可能です。生まれたばかりの子どもの体重は340~680g程で、目は閉じていていますが、18~30ヵ月程の授乳期間を経て2年程度で独立します。に4~6年程で性成熟し、飼育下では50年程度生きたことがあります。野生でも30年から40年は行きます。

絶滅危惧種

ヒグマはクマ科のなかでもユーラシア大陸と北アメリカ大陸に広く分布し、クマ科の中ではもっとも分布域が広いのですが、スペインだけは例外です。スペインではユーラシアヒグマを違法な狩猟で倒すハンターが増えており、生息数は減少傾向にあります。さらには土地開発によってユーラシアヒグマの居場所がだんだん狭くなってきており、人間の住む住宅地へ出没することもあります。さらに生息地の分断も起こってしまっており、ユーラシアヒグマの中には孤立してしまっているケースも見受けられるのです。電力線に接触することによる感電死も多発しています。

飼育

ユーラシアヒグマは人間よりも大柄な動物であるため、人間を殺すこともできます。相当な手練れで鳴ければヒグマを飼育することは難しいでしょう。動物園で鑑賞をすることが好ましいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました