スポンサーリンク

ヨーロッパ絶滅危惧種動物 : ヨーロッパハタリス

Animal

ヨーロッパハタリスはヨーロッパに生息する絶滅危惧種です。体長18cm~23cm、尾長5.5cm~7.5cm、体重200g~430g。地上で生活するリスの一種で牧草地やゴルフ場といった場所に地下数メートルの巣穴を掘り、巣の中で単独で住むリスです。土が掘れる場所が大好きでその場所へ定住します。しかし近年草原が減ってきてしまいました。すでにドイツやポーランドではすでに絶滅。絶滅危惧種に指定されています。

スポンサーリンク

生息地

ウクライナ、オーストリア、チェコ、スロバキア、ハンガリー、セルビア、ギリシャ、ルーマニア、ブルガリア、マケドニア、ポーランド、トルコ、ドイツ、モルドバなどヨーロッパ全域に住んでいます。

歴史

1940年代と1950年代に、ヨーロッパハタリスは一般に草が茂った山岳地帯、作物(穀物、カタツムリのクローバー)の植生、牧草地や牧草地で発生し、農作物にとって害虫と見なされていました。 そのため、駆除されてしまい個体数の減少が始まっています。

特徴

草原や牧草地、乾いた土手、スポーツフィールド、公園、芝生に生息しています。 穴を掘り、その中で生活する性質から草むらが大好きです。彼らはこれらの巣穴を捕食者から隠すために、そして一年のうち6ヶ月間冬眠する場所として使用します。 ヨーロッパハタリスは、海抜0-800mの標高に生息しています。ヨーロッパハタリスは小さく、体は丸く、尾は短いです。オスの体重は125〜380gで、メスの体重は131〜353gです。ヨーロッパハタリスは、他の体に比べて足が短いです。尾の長さは31〜90mmですが、メスの尾の長さは38〜75mmです。

生態

草を主食にします。食物を頬袋に詰め込み、巣穴に運んで貯蔵します。繁殖形態は胎生。冬眠が明けて1週間以内に交尾します。交尾は通常、雌が作った巣穴で起こります。1回に2 – 9頭の幼獣を産むことができます。性成熟は約1年で、寿命は5年~10年ほど。ヨーロッパハタリスは一夫一婦制です。ヨーロッパハタリスは昼行性の哺乳類です。日中、彼らは巣穴で半分の時間を過ごします。地上での時間は、餌を探すために費やされています。ヨーロッパハタリスは自身の縄張りに生息していますが、単独で独自の巣穴を占め、近くのメンバーと巣を共有することはしません。

絶滅危惧種

近年放牧地が農地や林に変えられたり、放牧地が放棄されてしまっていることで、ヨーロッパハタリスの生息できる地域が減っています。ドイツやポーランドではすでに絶滅。オーストリアではブドウ農園や競技場など、人が手を加えた土地でしか、ほぼ、このハタリスは見られなくなってしまったといわれております。ポーランドでは現在、野生への再導入が行われています。現在ヨーロッパハタリスは絶滅危惧種に指定されています。

コメント

  1. Twicsy より:

    Hi, I do believe this is an excellent web site. I stumbledupon it
    😉 I will come back once again since I bookmarked it.
    Money and freedom is the best way to change, may you be rich and continue
    to help others.

  2. Hi there, I enjoy reading all of your article. I wanted to write a little
    comment to support you.

タイトルとURLをコピーしました