スポンサーリンク

ヨーロッパ絶滅危惧種動物 : ヨーロッパミンク

Animal

ヨーロッパミンクはウクライナ、スペイン、フランス、ルーマニアなどに住んでいるイタチのなかま。ヨーロッパミンクはヨーロッパ大陸ではとても有名な動物ですが、19世紀以降はかなり生息数が減ってきています。19世紀の生息地の85%以上から姿を消しており、20世紀の個体数と比べると、90%以上も減少していると言われています。ヨーロッパミンクは現在絶滅危惧種に指定されており、保護が必要な状況です。

スポンサーリンク

生息地

ヨーロッパミンクはヨーロッパに生息しています。

特徴

ヨーロッパミンクは体長20-50cm、体重500-800g。ヨーロッパミンクは哺乳綱ネコ目(食肉目) イヌ亜目 イタチ科イタチ属に分類されています。ヨーロッパミンクはウクライナ、スペイン、フランスなどヨーロッパ全土に住んでいます。長い上毛とその周囲を囲む複数の下毛で全身が被われています。全身の体色は暗褐色や赤褐色。夏と冬で体毛の量が変わり、体温調節をしています。ヨーロッパミンクは、川や湖の岸沿いの、植生がある所で生活しますが、陸でも水の中でも生活します。手足には水かきがあり、水中での移動に役立っています。ヨーロッパミンクは嗅覚を頼りに獲物を探しています。ヨーロッパミンクは群れを形成せず、単独で生活をしており、夜明け前と夕方に最も活発になります。休む時は巣穴を利用しています。

生態

ヨーロッパミンクはネズミなどの小型哺乳類、鳥類、両生類、甲殻類、魚類、昆虫などを食べます。繁殖形態は胎生です。春季に交尾をして、妊娠期間は39-76日。1回につき2-7頭産むことができます。授乳期間は5-6週間で、子供は1か月以内に目が開くようになります。子供は2~4カ月で独立し、約1歳で性成熟に達します。寿命は7-10年です。

絶滅危惧種

ヨーロッパミンクは19世紀以降、生息数が減ってきています。この理由はミンクによる狩猟です。ミンクの毛皮は非常に密で厚く、とても高く売れるため、商業的価値が昔からありました。人間による過度な乱獲によって生息数が激減しています。さらに人間による生息地の破壊が問題になっています。ヨーロッパミンクは半水生であるため、水陸どちらの環境変化の影響も受けます。生息地の破壊が進んでおり、ミンクが住める地域が減っています。そしてアメリカから持ち込まれたアメリカミンクとの競合も問題になっています。ヨーロッパミンクは絶滅危惧種に指定されています。

飼育

ヨーロッパミンクは生息数が激減しているため、飼育がとても困難です。動物園で鑑賞するか、ヨーロッパまで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました