スポンサーリンク

大西洋絶滅危惧種動物 : ジェンツーペンギン

Animal

ジェンツーペンギンはフォークランドや南極大陸に生息するペンギンです。ヘアバンドのような白い帯模様が特徴のペンギンで他のペンギンと違って外見上の違いが明確なためわかりやすいです。ペンギンのなかで最も速く泳げるといわれており、水泳がとても得意なペンギンです。「ジェンツー」という名前は頭の白い羽がターバンを付けている人に似ていたため、ポルトガル語で異教徒を意味する“gentio”に由来しています。とてもかわいいペンギンの1種です。

スポンサーリンク

生息地

ジェンツーペンギンはフォークランド、南極大陸に生息しています。

特徴

ジェンツーペンギンは体長は51-90cm、体重は5kg程度です。大きさはペンギン18種類のうち、3番目です。ジェンツーペンギンの最大の強みは水泳で、最高時速は時速35kmにも達するといわれています。潜水時の最大水深は平均で水深80mで、4分程度潜水し続けることができるペンギンです。白いバンド模様があることから他のペンギンと区別できます。他のペンギンと同様、コロニーを形成し、巣を作り生活します。

赤ちゃんやペットにも安心。空間除菌なら除菌水ジーア

生態

ジェンツーペンギンは主に魚を食べます。南極周辺に生息するペンギンたちの主食はオキアミ。繫殖形態は卵生で、コロニーを形成し、石を積み上げて巣を作ります。1回につき1-2個の卵を産むことができます。抱卵期間があり、この時期はオスとメスが交代で卵を温め、もう一方が餌を探しに海へ出かけます。相手が帰ってくるまで卵から離れられないため、その間、食事を取ることができません。孵化した子供はヒナ同士の集団「クレイシュ」を形成します。その間も親から餌をもらって成長します。

絶滅危惧種

ジェンツーペンギンは現在生息数が減っています。ペンギンのエサとなるオキアミの数が減っており、餌の確保が難しくなっています。人間が大量の魚を持って行ってしまうためです。さらには温暖化による南極の氷の減少により生息地も減っています。そして天敵もいます。シャチやヒョウアザラシなどが天敵にあたり、逃げなければなりません。現在ジェンツーペンギンは準絶滅危惧種に指定されています。

『カナガンキャットフード チキン』『カナガンキャットフード サーモン』

飼育

ジェンツーペンギンは現在生息数が減っていることから一般人が飼育するのはかなり難しいです。さらにペンギンの生活できる環境を構築しなければならないことから、飼育するのはかなり難しいでしょう。動物園で鑑賞するか、南極、フォークランドまで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました