スポンサーリンク

【世界の動物:アイベックス】ヨーロッパのヤギ 生態と特徴 絶滅危惧種?

Animal

アイベックス(ibex)はヨーロッパのアルプス山脈に生息している野生動物のヤギの種で角があります。アイベックスは傾斜の厳しい山岳地帯でも見ることができ、体格は全体にがっしりとしています。このヤギは非常に運動能力に優れており、急な傾斜や険しい岩場も容易に移動できる動物です。しかしアイベックスはいくつかの種類が絶滅危惧種に指定されているのです。

スポンサーリンク

生息地

アイベックス(ibex)はアルプス山脈に生息するヤギの仲間です。自然環境が好きで、検索してみると詳細情報が沢山出てくるくらいの知名度が高い、有名な動物です。

特徴

アイベックスは偶蹄目ウシ科ヤギ亜科の哺乳類。この動物の全長は130cm、体重は90~120㎏のヤギの仲間です。アイベックスはアルプス山脈を主な生息地としており、急な傾斜や険しい岩場でも過ごすことができます。これができる理由はハサミ状の爪と肉球です。爪をうまく利用することで、傾斜の厳しい場所でも容易に移動ができるのです。オスとメス両方には角が生えています。角は三日月形に後下方に湾曲し、1mを超えます。角は年々成長し、大きなものだと長さ1mを超え、重さ10kgにも達します。角の外側表面には多数の隆起があります。アイベックスはユキヒョウやオオカミなどの天敵がいるため、単独では生活しません。彼らは群れを形成して、仲間を守りながら生活をします。

ペットも自宅でおうち美容♪5つの美容機能搭載!本格美容器【CHUCCCA dry spa】

生態

アイベックスは草などを食べて生活をします。繁殖形態は胎生です。繁殖期になるとオスはハーレムを形成するためにオス同士で争いをはじめ、勝ったほうがメスを手に入れます。妊娠期間は150日前後あり、1回につき2頭前後産むことができます。子どもは灰色の綿毛に覆われ、生後すぐに親について走ることができます。アイベックスは20年ほど生きることができます。

絶滅危惧種

アイベックスは全世界で見ると、生息数は安定していますが、いくつかの亜種は絶滅の可能性があります。中東に住んでいるヌビアアイベックスは現在密猟のせいで、生息数が激減し、絶滅危惧種に指定されています。さらにスペインアイベックスの亜種はすでに絶滅しています。ピレネーアイベックスはクローンが作成されました。アイベックスはの角が病に効くとして狩猟の対象にされ、乱獲により生息数が激減しているという問題があります。スイスでは19世紀に絶滅しています。そんな背景もあり、西欧では国立公園や保護区域などでアイベックスを保護しているのです。狩猟は今も違法に行われているため、アイベックスは厳重に保護されています。

赤ちゃんやペットにも安心。空間除菌なら除菌水ジーア

飼育

アイベックスは狩猟されてきたという歴史を持っていることから、飼育することはかなり難しいです。この動物は保護区域などで飼育されているからです。アイベックスを見たい場合は、西ヨーロッパへ行ってみるか、動物園で鑑賞しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました