スポンサーリンク

日本絶滅危惧種動物 : ニホンアナグマ 図鑑にも出てくる動物

Animal

ニホンアナグマは日本に広く生息しているイタチ科アナグマ属に分類される動物です。日本ではアナグマはとても有名で、農村地帯に広く生息していますが、冬は冬眠をしていることが多いです。ニホンアナグマは日本固有種のアナグマで、生息数はまだ安定しています。しかし、一部地域ではすでに絶滅危惧種に指定されており、特定の地域でみると、ニホンアナグマは危機的な状況にあるとも言えるのです。

スポンサーリンク

生息地

ニホンアナグマは日本列島(本州、四国、九州)の里山周辺環境に広く生息していて複数の地域で分布してます。食肉目イタチ科アナグマ属に分類される食肉類。和名はアナグマで。 学名はMeles anakuma。雑食性が強く、同じ大きな動物の死肉も食べることがあります。ニホンアナグマはアライグマと間違えられますが、アライグマは外来種でアナグマは日本固有種。

特徴

ニホンアナグマは体長40-60cm、体重が12-13kgの動物です。毛色は背側が灰褐色や褐色などで、腹部と四肢は黒。5本の指があり、特に前肢の爪は強力で、地面を掘ることができます。ニホンアナグマはタヌキと間違えられることが多いですが、イタチ科の動物であり、タヌキとは違います。ニホンアナグマは森林や雑木林、さらには高地を好んで生息しており、普段は単独で生活します。巣穴は地面を掘って作られ、普段は穴の中で生活をすることが多いです。ニホンアナグマは11月あたりから4月まで冬眠をしており、春から夏にかけては子育ての時期を迎えます。ニホンアナグマはタヌキと同様、敵に襲われそうになると、死んだふりをします。

小型犬が食べやすい楕円形の小粒

生態

ニホンアナグマはミミズや昆虫類、カエルやトカゲ、モグラなどを食べたり、果実や木の根、木の実、穀類を食べて生活します。繫殖形態は胎生です。繁殖期は4~8月で一夫多妻です。メスは1回につき1-3頭産むことができます。生まれた子供は2年ほどで独立していくようになり、性成熟もします。寿命は10年程度です。

絶滅危惧種

ニホンアナグマは日本全体で見れば生息数はとても安定しています。しかし一部地域では準絶滅危惧種に指定されています。特に大阪や東京などの地域は土地開発されてしまったことにより住み家となる森林地帯が激減しています。そしてそれ以外にもアナグマは害獣とみなされることが多いです。アナグマは農作物を荒らしていくことから、被害状況は拡大しており、農家によって駆除されています。イチゴ、スイカ、トウモロコシなどはアナグマが特に好きな食べ物です。またニホンアナグマは繁殖率も低いため、一旦数が減ってしまうと、なかなか個体数が増えないという問題があります。

赤ちゃんやペットに安心の日本製暖房機【ケノンヒーター】

飼育

ニホンアナグマを飼育することは十分に可能です。しかし大人になってからのアナグマは極めて飼育や教育が困難なため、難しいと思ってください。飼育には最低でも下記の道具を揃えましょう。

アナグマは動き回ってしまうのでペット用のケージは必須アイテムです。大きめのものを用意しましょう。しかしアナグマは普段は穴の中で生活します。アナグマはペットケージに適応できない可能性は十分あるため、馴染めない場合は、室内で飼うことを諦めてください。食べ物は比較的色々なものを口にできます。しかし性格は比較的獰猛なので、手間がかかると思ってください。

Pet Cage

コメント

タイトルとURLをコピーしました