スポンサーリンク

日本絶滅危惧種動物 : サドノウサギ

Animal

サドノウサギは日本に生息する絶滅危惧種の動物です。佐渡固有種で、佐渡島にしかいません。ウサギ科ノウサギ属に分類されるウサギで旧名がノウサギです。ニホンノウサギの中の一種で、サドノウサギ、キュウシュウノウサギ、トウホクノウサギ、オキノウサギに分類されます。サドノウサギは佐渡島であれば割とどこにでもいて人間がしばしば見つけることもできるレベルです。しかし農作物を食い荒らしてしまうため農家にとても不評です。

スポンサーリンク

生息地

日本の佐渡島のみに住んでいます。

特徴

夜行性のウサギで昼間にはほとんど見ることはありません。昼間の時間帯は寝ているか、草むらに隠れて休憩をしていることがほとんどです。体長は45-54cm、体重は1.3-2.5kg。全身の毛色は褐色で腹部は白いです。耳長は5-8cmあります。サドノウサギは草原や森林地帯を好むといわれています。佐渡島は田舎で草むらが多いため、とても生息に適しています。天敵はヘビ、タカ、ワシといわれています。

生態

食事は草です。葉、芽、樹皮、果実、木の実などを食べています。特定の巣を持たず、単独行動します。繁殖形態は胎生で1回に1-4頭産むことができます。妊娠期間は40-47日程度。1か月程度で子は自力で生活が可能になります。寿命は4年程度とみられています。

絶滅危惧種

この種は絶滅危惧種に指定されています。佐渡島にはこのサドノウサギが一時増えすぎていたそうです。そこで外敵にあたるテンをこの島で増やしたのですが、今度はサドノウサギが減ってしまったという状態です。そのため準絶滅危惧種に指定されてしまったのです。またこのウサギは頻繁に道路へ飛び出すことがあり、車に轢かれて死ぬこともあるそうです。また農作物を食べてしまうことから農家に嫌われて駆除されることもあります。

佐渡島

佐渡島はとても面白い動物がたくさんいます。実は佐渡島にしかいない固有種の動物が以下のようにたくさんいるのです。虫を含めるともっといます。とてもユニークで面白い島です。

  • サドノウサギ
  • サドカケス
  • サドトガリネズミ
  • サドモグラ
  • サドハタネズミ
  • サドアカネズミ
  • サドガエル

飼育

佐渡島限定の固有種のため、一般人が飼育することはかなり難しいです。日本の佐渡島へ行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました