スポンサーリンク

日本絶滅危惧種動物 : ニホンカモシカ

Animal

ニホンカモシカは日本にのみ生息するシカです。しかしながらウシ科カモシカ属に分類される動物であることから実はウシ科の動物なのです。かつては「幻の動物」と呼ばれていたカモシカですが、今は一般人にも知られている動物です。好奇心旺盛で、人間にも懐いてくれることから、とてもかわいい動物でもあります。しかしながらこのカモシカは狩猟が進んでしまい、絶滅危惧種に指定されています。1955年には国の「特別天然記念物」に指定された貴重な動物です。

スポンサーリンク

生息地

ニホンカモシカは日本に住んでいる固有種です。

特徴

ニホンカモシカは全長100-110cm、体重30-40kg。ニホンカモシカは森林地帯を好み生息します。高地から低地にも生息しており、海岸線付近にも稀に出現します。ニホンカモシカはおとなしい性格の動物で人間を襲うことはまずありません。昼行性の動物で単独行動を好みます。ニホンカモシカは縄張り意識がとても強い動物で、眼下腺を木の枝などに擦り付け縄張りを主張する行動を起こします。ニホンジカによく似ているのですが、別種の生き物です。ニホンジカは群れを形成する傾向にありますが、ニホンカモシカは群れをあまり作りません。

生態

ニホンカモシカは木の葉、果実、樹皮などを食べて生活しています。繫殖形態は胎生です。10月から11月にかけて繁殖を行います。妊娠期間が6か月以上あり1回につき1頭産むことができます。生まれたばかりの子供は親とともに生活します。しかし子供の死亡率は高く、生後1年以内の死亡率が50%に及びます。これは狩猟や厳しい気候の変化についていけず死んでしまうのです。寿命は15年程度ですが、飼育下では33年生きた事例があります。

絶滅危惧種

ニホンカモシカは古代から食用肉としての需要がありました。古代から狩猟が行われており、ニホンカモシカは生息数が減っています。1900年代に入ってようやく政府が保護に乗り出すようになりました。1934年に天然記念物に指定され、1955年に特別天然記念物に指定されました。さらに密猟も禁止されました。現在ニホンカモシカは絶滅危惧種に指定されています。近年生息数が徐々に回復し始めています。

飼育

ニホンカモシカは特別天然記念物であり、個人で飼育することは禁止されています。そのため、動物園で鑑賞するか、日本まで行ってみてください。

コメント

  1. puffco peak Pro より:

    is puffco peak safe how do i clean my puffco peak

タイトルとURLをコピーしました