スポンサーリンク

日本絶滅危惧種動物 : ニホンリス

Animal

ニホンリスは日本でのみ生息している小型のリスです。タイワンリスとよく似ています。茶色や赤色を帯びた褐色のリスです。主に木の上で生活をしており、夜は巣で休んだり、寝ています。中国地方や九州地方ではすでに絶滅してしまったと言われています。大きさ16-22cmほど。尾の長さ14-17cmほど。

スポンサーリンク

生息地

ニホンリスは日本(本州~九州)に分布して住んでいる固有種です。本州がメインで、四国にも住んでいると言われています。環境は森林が大好きで、樹上で生活をしています。齧歯目リス科リス属に分類される齧歯類。学名:Sciurus lis、英名:Japanese squirrel。夏季は背面が赤褐色、冬季は耳介先端の体毛が伸長し背面が灰褐色になります。このリスは動物園で飼育されていることが多いです。

生活

朝早く活動した後、お昼は休息をとります。姿が見られないこともあります。午後のほうが姿を見やすいかもしれません。ヒマワリの種が大好きで、自分でむいて中身を食べてしまいます。クルミを食べるときは殻を削る独特の音をたてます。単独で活動し、夜間は巣で休息します。

食生活

いろんな植物の果実、花、葉、種子、キノコなどを食べます。クルミやドングリ、ヒマワリの種を好み、丈夫な前歯で器用にこじあけて食べます。森の中でみつかる2つに割れたクルミの殻は、リスがクルミを食べたあとです。木の実などを分散して土の中に貯蔵する貯食する動物ですね。

生態

繁殖形態は胎生です、寿命は5年と言われています。幼獣を年に1 – 2回に分けて産みます。冬眠はしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました