スポンサーリンク

アフリカ絶滅危惧種動物 : キングチーター

Animal

キングチーターとはチーターと同種です。しかしキングチーターは遺伝子の突然変異で体の斑が違っているものになります。非常に希少な動物で、生息数自体がとても少ないチーターとして知られています。キングチーターはとても珍しく、野生と飼育個体を合わせても、数十頭しかいないとも言われています。キングチーターはジンバブエやボツワナ、トランスバール地方などで目撃されているチーターです。

スポンサーリンク

生息地

キングチーターはジンバブエやボツワナなどに生息しています。

特徴

キングチーターは体長115-150cm、体重30-70kgのチーターです。他のチーターと同種ですが、体の斑が違っていることが最大の特徴です。体色は黄褐色やクリーム色などをしていて体の黒い斑は大きいです。キングチーターは食肉目ネコ科チーター属に分類されます。キングチーターの個体数は非常に少なく、世界的にとても珍しいチーターです。野生での観察例は少なく、生息数がとても少ないと言われています。キングチーターはジンバブエやボツワナ、トランスバール地方北部などに生息しています。半砂漠地帯やサバンナ、藪地や森林地帯など、さまざまな環境に生息していて、他のチーターと生息環境はとても似ています。キングチーターは家族単位の小さな群れを形成して生きています。チーターは爪は引っ込めることができません。

生態

キングチーターはガゼルなどの中型の草食動物を食べて生活しています。このチーターに関してはあまり生態について詳しいことが分かっていません。寿命は10年程度と言われています。

絶滅危惧種

キングチーターは突然変異で生まれてきたチーターであるため非常に生息数が少ないことで知られています。チーターには幾つかの亜種がありますが、いずれも絶滅危惧種で生息数が減っています。狩猟や開発による生息地の減少が大きな要因になっているんです。外敵もいて、ライオンやハイエナによって捕食されることもあります。キングチーターは生息地が極端に限定され、生息数もとても少ないことから絶滅の可能性があります。

飼育

キングチーターは生息数が極端に少ないため、飼育がとても困難です。動物園で鑑賞するか、アフリカまで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました