スポンサーリンク

南米絶滅危惧種動物 : コドコド ネコ科動物

Animal

コドコド(Leopardus guigna)は、食肉目ネコ科オセロット属に分類される食肉類。コドコドは南米のチリとアルゼンチンの森に住んでいる小さなネコです。絶滅危惧種の動物です。可愛らしい顔をしたこのネコは、とても小さく、イエネコの半分ほどしかありません。南米で最も小さな猫と言われています。とても珍しくて捕まえにくいため、生態や特徴があまりわかっていないと言われる野生のネコです。そのため、飼育ができるのかどうかはわかりません。非常に内気で警戒心が強い性格と言われており、なかなか人間が目にすることがありません。ひそかに生活するネコと言われています。

スポンサーリンク

生息地

アルゼンチンやチリに生息していると言われています。コドコド(Leopardus guigna)は、食肉目ネコ科オセロット属に分類される食肉類。英名はkodkodです。知らない人が多く、検索をしても全く写真や画像が見つからないケースも多くあります。斑点があるのが大きな特徴です。

特徴

成獣のコドコドの平均的なサイズは体重2.2kg、体長は39-51cm、肩高は25cm、尾長は23cm。耳介は先が丸く,その後面が黒く中央に白斑があります。胴と肢がずんぐりしていて尾に黒色の横帯がたくさんあります。森林を好んで生息しており、木を登ることができるネコです。夜行性のネコですが、たまに昼にも現れます。樹の下の竹の茂みに巣を作り、生活をします。チリとアルゼンチンのアンデス山脈にのみ分布していて限定的な生活圏です。

生態

食性は肉食で小型の哺乳類や爬虫類などを食べます。コドコドは希少でさらに野生であるため、繁殖に関する情報はほとんどありません。 オスが複数のメスとともに行動していた姿が目撃されており、一夫多妻制のようです。 1回における出産で1〜4匹の子猫を産むことができます。妊娠期間は72〜78日です。 オスもメスも生後約24ヶ月で性的に成熟します。

絶滅危惧種

コドコドは絶滅が危ぶまれており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「危急種」に指定されています。森林伐採と農業開発のために森林生息地が伐採され、その数が減少した結果、チリ中部で最も脅威にさらされています。森林が減ることにより、生存圏が分断されています。気候変動が新たな脅威となる可能性があります。さらにコドコドの毛皮は地元の市場で販売されており、乱獲もされているようです。また家禽や家畜を攻撃すると考えられているため、一部の地域では農家によって殺されることがあります。

保全活動

コドコドの生息地域を保護地域としています。また、保護地域以外にも現地住民が私有地でのコドコドの保護をしているようです。長期的な戦略としてはコドコドの生息できる森林を増やす必要があります。

飼育

生息数が現在激減しており、一般人が飼育することはかなり難しいです。そのため、アルゼンチンやチリへ直接行くことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました