スポンサーリンク

【ヨーロッパ旅行】ポーランド : クラクフ

Travel

クラクフはポーランド南部にある主要都市の一つです。ポーランドで最も長い歴史を誇っており、長い間ポーランドの首都であった場所でもあります。街には今でも栄えていた頃の面影が残っています。クラクフは歴史がとても長く、中世の時代に建てられた建築物も多いため、多数の観光客が訪れています。さらにクラクフは第2次世界大戦でもあまり空爆を受けていなかった背景もあり、破壊されていない建物が多いのです。

スポンサーリンク

場所

クラクフはポーランドの南部に位置している都市です。

歴史

クラクフはもともとスラヴ人が住んでいた土地です。その後、モラヴィア王国が成立し、その後ポーランド王国が成立しました。クラクフは首都となり、500年近くずっと繁栄をつづけました。近代になり、ポーランドはオーストリアの支配下に置かれました。しかし2度にわたる世界大戦において、クラクフは大きな爆撃を受けることはなく、現在に至ります。

気候

クラクフは夏は快適で、冬はとても寒いです。年を通して気温は-5℃~25℃を推移します。

言語

ポーランドではポーランド語が使われています。外国語は、英語が教育における必修になっています。さらに第二外国語としてドイツ語やフランス語、ロシア語を学びます。

治安

クラクフは治安が安定しています。歴史地区が多いことで観光客が多数訪れるため、観光客を狙ったスリが多発しています。気をつけてください。

人種

ポーランドでは97%がポーランド人です。その他はウクライナ人、ベラルーシ人、リトアニア人がいます。

産業

クラクフはポーランド文化の中心地です。世界遺産や国立美術館、各種博物館や美術館など文化施設が多数あることから、観光業も盛んです。美術館などは有名な作家の作品が多数展示されています。

宗教

ポーランドでは95%がカトリック教徒です。その他はユダヤ教徒やイスラム教徒がいます。

通貨

ズウォティが使用されています。

観光スポット1 : Oskar Schindler Museum

オスカーシンドラー博物館は工場地帯にあります。オスカーシンドラーは、ナチスにより迫害されるユダヤ人を雇用することによって、ナチス・ドイツの迫害から守ろうとした実業家です。

観光スポット2 : Kazimierz district

カジミエシュ地区は旧ユダヤ人街ともいわれています。現在はユダヤ教の歴史的な会堂スタラシナゴーグ・イサクシナゴーグなどのシナゴークと、キリスト教会が点在する地区になっています。

観光スポット3 : Wawel Castle

ヴァヴェル城は11世紀中頃から17世紀の歴代のポーランドの王の居住地でした。敷地内には自由に立ち入ることができます。

観光スポット4 : St. Florian Gate

クラクフ旧市街地北部にある門です。トルコ軍の侵略から、クラクフの街を守るために聖フロリアン門は建てられました。

観光スポット5 : Dragon cave

伝説の竜が住んでいたとされる洞窟です。洞窟の内部も観光することができ、外には伝説の竜のモニュメントがあります。

観光スポット6 : Main square

クラクフの街の中心として栄えてきた中央広場。周囲にカフェやレストランが多数あり、地元住民に人気のエリアです。夜になると広場はライトアップされ、とても綺麗です。

観光スポット7 : Church of St. Mary

クラクフの聖マリア教会はポーランドで最も美しい教会と言われています。この教会では14世紀から現在にいたるまで一時間ごとにラッパの音色が響き渡っています。

観光スポット8 : Textile hall

中央広場の真ん中に位置する織物会館。カフェやレストランも併設されています。さらには琥珀や、民芸品、アクセサリー、革細工などを売っているお店があります。

観光スポット9 : The Princes Czartory

チャルトリスキ美術館は、ポーランドで最も歴史ある美術館。レオナルド・ダ・ヴィンチ や、アレクサンドル・ロズランなど、数多くの展示があります。

観光スポット10 : Underground museum

クラクフ地下博物館は、地下4mに建造されました。昔のクラクフ周辺の人々の暮らしの様子を知ることができます。

宿泊施設

クラクフは宿泊施設が充実しています。バリツェ空港が最寄にあります。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました