スポンサーリンク

イタリア絶滅危惧種動物 : マルシカヒグマ

Animal

マルシカヒグマはイタリアに住んでいるヒグマの亜種です。イタリア固有種のクマであり、さらには生息地が限定されている極めて珍しいクマです。イタリアのアブルッツォ州の歴史的な地域であるマルシカに由来して、このクマはマルシカヒグマと呼ばれるようになりました。マルシカヒグマは現在生息数がわずか50頭前後しかおらず、絶滅の危機が迫っています。そのためイタリアでは保護活動が行われています。

スポンサーリンク

生息地

マルシカヒグマはイタリア固有種のヒグマです。

特徴

マルシカヒグマは体長2m、体重は200㎏にも達するクマの仲間。マルシカヒグマは基本的に群れを形成せず、単独生活をしているクマです。マルシカヒグマは昔は多数がイタリアに住んでいたと言われていますが、現在はアブルッツォ国立公園には50頭のクマがすんでおり、この国立公園のみで生活をしています。ヒグマは、比較的穏やかな気質を持ち、人間に対して攻撃することはありません。しかし刺激をしたり、驚かせたりすると、クマは不安や恐怖心を抱き、人間を襲う可能性があります。前足と後肢が著しく異なることが他のヒグマとの最大の差異であり、特徴でもあります。活動時間帯は夜が多いです。

生態

マルシカヒグマは草、果物、果実などを含む植物が好きで食べます。繁殖形態は胎生です。繁殖時期は毎年5月~7月頃にかけて行われており、1回につき1頭産むことができます。子供は生後数か月で、自力で生活できるようになり、1年後には独立するようになります。性成熟は3年程度と言われています。

絶滅危惧種

マルシカヒグマは昔はイタリアに多く住んでいたと言われていますが、時代が進むにつれ、生息数は減少しました。この減少の原因は森林地帯の減少や人間による狩猟や駆除によるものです。イタリアでは1900年代以降にこのクマを国立公園などで保護しており厳重に管理しています。それにより狩猟などによる、殺害は減ってきており、再び生息数が増えると見込まれています。2000年代に入り、イタリアではクマを人間から遠ざけるための工夫もされてきています。マルシカヒグマは現在絶滅危惧種に指定されています。

飼育

マルシカヒグマは現在生息数が極端に少ないため、飼育は不可能です。さらに人間を襲う可能性もあるため一般人が飼育するのは現実的ではありません。このクマを見たいときはイタリアまで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました