スポンサーリンク

アフリカ絶滅危惧種動物 : ミーアキャット

Animal

ミーアキャットはペットとして飼われている動物でも有名で人気の種です。アンゴラ、南アフリカ、ナミビアなどに生息しておりネコ目マングース科スリカータ属に分類されるマングース。半砂漠の低木林、石の多い開けた土地などを好み生息しており、社会性がある動物です。現在ミーアキャットはすぐに絶滅するような動物ではありませんが、低懸念に分類されている動物で、野生の生息数は減っているのです。

スポンサーリンク

生息地

ミーアキャットは南アフリカ、ナミビア、アンゴラなどに生息しています。

特徴

ミーアキャットは体長25〜31cm 体重0,6〜1kg。半砂漠の低木林、林地、石の多い開けた土地を好んで生息しています。ミーアキャットは社会性のある動物で3‐50頭前後の群れを形成し、集団背かつしています。腹面はまばらに短い体毛で被われ眼の周囲や耳介は黒く、顔や喉は灰白色です。朝方に巣穴から出て太陽に向かって日光浴をする動物です。名称には「キャット」とありますが、マングースの仲間であり、猫ではありません。ミーアキャットは非常に警戒心が強いため、攻撃的な性質を持っています。外見はとてもかわいいですが、実は獰猛です。

生態

ミーアキャットは食性は雑食性で、昆虫やヘビ、サソリといった小動物を食べて生活します。繫殖形態は胎生です。10月から4月にかけて繁殖を行い、1回に2 – 5頭の幼獣を産むことができます。子供は生まれたときは目を開けることができません。しかし生後2週間ほどで目を開けられるようになります。生後1か月以内に固形物を食べるようになり、2か月程度で自立することができます。性成熟は1年弱。ミーアキャットの寿命は10年程度とされています。

絶滅危惧種

ペットとして飼っている人も多いミーアキャット。実は野生下では生息数が徐々に減っています。いますぐ絶滅する恐れはありません。ミーアキャットは運動量も多い動物で、好奇心も旺盛なことから人間の農地に侵入し、農地などを荒らす場合があります。それによって農家にとって害獣でもあり、駆逐されてしまうのです。将来的には絶滅の可能性が考えられます。現在は低懸念に分類されています。

飼育

ミーアキャットはペットとしても飼育している人は多いです。しかしレアな動物でもあるので手に入れることは難しいです。ペットショップなどでは日本円で20-40万円はかかるようです。ミーアキャットは集団生活をする動物ですので、飼う場合は独りぼっちにさせないようにしましょう。ミーアキャットはハーネスやリードを付けて、お散歩に出かけることも可能です。しかし急に噛みついたり引っかいたりしてくることもありますので気を付けてください。野生のミーアキャットを見たい場合はアフリカ大陸まで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました