スポンサーリンク

【アフリカ旅行】ケニア : モンバサ

Travel

モンバサはケニアにある主要都市です。この都市はナイロビからは南東に位置している都市で、港湾都市として発展しています。この都市は古くからアラブ人やインド人の商人が活躍ししていた街で、隣国のウガンダにとっても重要な貿易港です。モンバサは美しいビーチや歴史的な建造物、自然豊かな公園など、見どころがたくさんあり、観光客が多数訪れる有名な観光地として知られています。

スポンサーリンク

場所

モンバサはケニアの南東部に位置している都市です。

歴史

モンバサは元々ムスリム商人が往来する場所で、交易で栄えていました。中世になると、インド商人も増えてきて町は発展しました。その後はポルトガルの支配を受けますが、その後オマーンの貴族によって駆逐されました。19世紀になるとイギリスの支配下に置かれますが、世界大戦後はケニアは独立しています。

気候

モンバサは熱帯気候に属しています。年を通して気温は20℃~36℃を推移します。

言語

ケニアの国語はスワヒリ語です。公用語にはスワヒリ語と英語が指定されています。そのほかにも土着民族の言葉が多数あります。

治安

モンバサは治安はそれほど安定していません。オールドタウンは治安が悪いので、気を付けてください。

人種

ケニアは40以上の部族がおり多民族国家です。さらにヨーロッパからの移民やアジアからの移民もいます。

産業

モンバサは元々港湾都市であったことから、貿易がとても盛んです。また近年は観光客が増えてきており、観光業がとても栄えています。

宗教

ケニアではプロテスタントが47%、カトリック教徒が23%います。さらにイスラム教徒、ヒンドゥー教徒などもいます。

通貨

ケニア・シリングが使用されています。

観光スポット1 : Haller Park

サファリパークのような雰囲気を纏っている公園。ガゼルやバッファロー、カバやキリンなどの餌やりを見学することができます。週末は多数の人が訪れています。

観光スポット2 : Fort Jesus Museum

1593年に建設されたポルトガルの要塞。現在では博物館となっています。世界遺産にも登録されており、数多くの観光客で賑わいます。館内には歴史的に貴重なものの展示がされています。

観光スポット3 : Tusks

モンバサのシンボル的な存在の建造物。象牙の形をした巨大なアーチで、高さは10mほどあります。イギリス王女、エリザベス2世のモンバサ訪問を記念して作られました。

観光スポット4 : Mamba Village Centre

爬虫類の展示がメインのテーマパークです。園内にはいたるところにワニがいます。のんびりと過ごすワニたちを観察することができます。

観光スポット5 : Old Town

オールドタウンは細い路地がまるで迷路のように続いています。屋台がいたるところにあり、食べ歩きができます。レストランも数多くある場所です。

観光スポット6 : Mombasa Marine Park

美しい海を最大限楽しめる場所。人気のアクティビティはグラスボートです。魚たちをボートに乗りながら観察できます。シュノーケリングスポットでもあります。

観光スポット7 : North Coast Beach

豪華なリゾートからビーチのバンガローまで、幅広い宿泊施設を備えた観光地。観光客のほとんどがこの地を訪れています。

観光スポット8 : Go Cart

モンバサゴーカートはエキサイティングなレースです。小さなカートに乗ってコンクリートトラックを回ります。他にも遊べる場所があり、子供にもお勧めできる場所です。

宿泊施設

モンバサは宿泊施設が充実しています。最寄りにはモイ国際空港があります。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました