スポンサーリンク

パプアニューギニア絶滅危惧種動物 : ニューギニアン・シンギング・ドッグ

Animal

ニューギニアン・シンギング・ドッグはパプアニューギニア原産の絶滅危惧種の犬です。現存する世界最古の犬種と言われており、6000年以上前から存在していたとされています。ただ、詳しいことはまだ不明でもっと前から存在していた可能性を示唆されています。人間とともに暮らした最初の犬種の1つかもしれないとも言われており、とても歴史の長い犬です。現在はもはや絶滅寸前とまで言われている犬で希少種となってしまいました。現在は完全な野生の犬です。人間とはほとんど接点がありません。

スポンサーリンク

生息地

インドネシアとパプアニューギニアの間にある、ニューギニア島に生息する犬です。

特徴

毛色は黒色、茶色、赤茶色、黄褐色。大きさは柴犬や甲斐犬と同じで外見も彼らととても似ています。耳は立ち耳で、尻尾は丸まった巻き尾です。ニューギニアン・シンギング・ドッグはもとは人に飼育され、改良された家畜と言われていましたが、人間の元から離れ、現在は完全に野生化しています。遠吠え声がまるで歌を歌っているかのように聞こえるため、シンギング・ドッグという名前になっているのです。体長は36-46cm、体重8-14kgくらいの中型の犬です。

ペットも自宅でおうち美容♪5つの美容機能搭載!本格美容器【CHUCCCA dry spa】

生態

人間の元を離れていった犬でどのような生活をしているのか定かではありません。この犬は2016年に偶然発見されるまで、絶滅したといわれていた犬です。それ以前は50年以上彼らを見た人間は誰一人いませんでした。2016年に人里離れた地域にて、自動撮影カメラがオス、メス、子を含め15頭をたまたまとらえたことによりニュースになりました。もっとたくさんニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグがいるのではないかという指摘もあります。ただ正確な生息数はわかりません。

絶滅危惧種

今や完全に野生化し、人間との関係も希薄になっているため、どれほど生き残っているのか正確に知っている人はだれもいません。ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグが現在発見されているのはニューギニア島の最高峰で標高4884mもあるプンチャック・ジャヤであり、かなり過酷な環境です。もしかしたらとてつもない生命力があるのかもしれません。

赤ちゃんやペットにも安心。空間除菌なら除菌水ジーア

飼育

かつて絶滅した犬といわれるニューギニアン・シンギング・ドッグの現在の生息数は極端に少ないといわれており、一般人が飼育することはかなり難しいです。動物園で鑑賞するのも難しいでしょう。ニューギニア島へ行って観察するしかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました