スポンサーリンク

【アジア旅行】オマーン : ニズワ

Travel

ニズワはオマーンの主要都市です。首都のマスカットからそれほど離れていない都市で、内陸部の中心都市です。ニズワは中世の時代にはオマーンの首都であったことから、とても経済的に発展している都市です。首都のマスカットに比べると知名度では劣ってしまうものの、オマーン最大のモスクをはじめ、アラブのお城など、観光スポットが意外と多くあり、観光客が訪れる都市でもあります。

スポンサーリンク

場所

ニズワはオマーンの東部に位置している都市です。

歴史

ニズワは6世紀頃、オマーンの首都であった都市です。その後首都機能は別の都市に移ってしまいましたが、1913年から40年間、オマーン・イマームの首都にもなりました。海岸部にあったオマーン・スルタンに対抗していたほどの巨大都市でした。

気候

ニズワは年を通して気温は7℃~40℃を推移します。

言語

オマーンの公用語はアラビア語です。その他シャフラ語、スワヒリ語なども使われています。

治安

ニズワは比較的治安が落ち着いた都市です。しかし夜間に一人で出歩くなど、危険な行動は避けるようにしてください。

人種

オマーン人が大半を占めています。その他には外国人労働者が多く、インド人、フィリピン人、バングラデシュ人、パキスタン人が多いです。

産業

ニズワは、古くからアラブ馬の産地として有名なところです。いまでも毎週金曜日になると家畜市がたち、とても賑やかです。

宗教

オマーンではイスラム教徒が多数派を占めています。その他ヒンドゥー教徒やキリスト教徒がいます。

通貨

オマーン・リアルが使用されています。

観光スポット1 : Sultan Qaboos Grand Mosque

オマーン最大の大きさと言われるモスクです。イスラム様式と近代建築を混合した造りになっており、大理石を使っています。夕暮れ時にはライトアップされます。

観光スポット2 : Nizwa Fort

ニズワ城砦は17世紀半ばのアルヤルービ朝時代に防衛のために建造されました。敷地内には、曲がりくねった細い道やカムフラージュの扉や通路、落とし穴、石落としのトラップなど外敵の侵入を防ぐ為の仕掛けが多く見られます。

観光スポット3 : Jebel Akhdar

オマーンの最も高い山です。トレッキングを楽しむことができ、サンセットサイトがいくつもあります。この山は緑が溢れていることから、緑の山と呼ばれています。

観光スポット4 : Nizwa market

ニズワ市場は毎週金曜日の午前中には、名物のヤギの競りが開かれます。市場では観光客向けのお土産店もあり、お菓子の詰め合わせなども売られています。

観光スポット5 : Bahla Fort

オマーン最古の砦で、1987年にユネスコの世界遺産に登録されました。12~15世紀にオマーン中心部を支配したナブハーニ朝の都として築かれました。

観光スポット6 : Birkat Al Mouz Ruins

スルタンの遺跡で最も有名な村の一つでユネスコの世界遺産として登録されています。

観光スポット7 : Faraji Daris Park

オマーンで最大の灌漑水路の一つ。2006年にユネスコの世界遺産に登録されたオマーンの6つの水路の一つがあります。市民の憩いの場となっています。

宿泊施設

ニズワは宿泊施設が充実しています。最寄りにマスカット空港があります。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました