スポンサーリンク

北大西洋絶滅危惧種動物 : タイセイヨウセミクジラ

Animal

タイセイヨウセミクジラは北大西洋に生息しているクジラです。デンマーク海峡、ノルウェー海などに生息しており、季節によって移動します。タイセイヨウセミクジラは現在400頭前後しか生き残っていないという絶滅危惧種の動物で、近い将来絶滅する可能性があります。タイセイヨウセミクジラは世界で最も希少なクジラの一つでもあります。2021年の調査でも生息数の減少が確認されており、保護活動が急務です。

スポンサーリンク

生息地

タイセイヨウセミクジラは哺乳綱偶蹄目セミクジラ科セミクジラ属に分類されるヒゲクジラです。学名はEubalaena glacialis。英名はBlack right whale。個体はヨーロッパではデンマーク海峡、ノルウェー海、フロリダ、メキシコ湾、米国のマサチューセッツ州のマサチューセッツ近海に住んでいます。国際的に科学の分野で詳細が研究されております。絶滅が懸念されています。

特徴

タイセイヨウセミクジラは体長が13-18m、セミクジラ科セミクジラ属に分類される動物です。体形はずんぐりしていて、頭部が大きいことが特徴です。体色は青もしくは黒っぽい色です。あごや腹部に不定形の白斑があります。タイセイヨウセミクジラは主に北大西洋の海に生息しています。しかし季節によっては移動することが分かっています。タイセイヨウセミクジラは単独かもしくは2‐3頭の群れを形成して生活します。

生態

タイセイヨウセミクジラはプランクトンを食べたり、オキアミなどを食べて生活しています。タイセイヨウセミクジラは妊娠期間がとても長く1年程度あります。冬ごろに出産を行い、出生時の体長は4-4.6 mで、体重は1,400 kgです。

名前の由来

タイセイヨウセミクジラは英語で「適切なクジラ(Right Whale)」と呼ばれ泳ぎが遅く、岸の近くにいて、銛が当たると浮き上がってくるため、捕鯨に適したクジラと名付けられました。セミクジラ属は、タイセイヨウセミクジラ、ミナミセミクジラ、北太平洋に生息するセミクジラの3種からなりますが、いずれも生息数が減っています。

絶滅危惧種

タイセイヨウセミクジラは今後200年以内に絶滅する可能性が高いクジラといわれています。タイセイヨウセミクジラは漁業による混獲や船への衝突により死亡するケースが絶えません。これはタイセイヨウセミクジラが餌の確保に苦心するようになっている証拠でもあり、魚を巡って人間との競合により、餌の確保が難しくなっています。1937年にクジラの捕鯨は世界的に禁止されました。現在はタイセイヨウセミクジラは保護の対象となっています。さらにワシントン条約でも掲載され、輸出が制限されました。さらに絶滅危惧種に指定されています。

飼育

タイセイヨウセミクジラはワシントン条約でも保護の対象となっており、一般人が飼育することは不可能です。水族館で鑑賞しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました