スポンサーリンク

日本絶滅危惧種動物 : キタイイズナ

Animal

キタイイズナは日本やユーラシア大陸に生息しているイタチ。キタイイズナは日本では北海道でしか生息していないイタチで、世界最小の肉食獣と言われています。体型は細身で小型なため、ネズミの巣穴に侵入して捕食するできるイタチです。キタイイズナはイタチ科イタチ属イイズナ種の亜種で、オコジョとは違う動物です。イイズナは近年になり、土地開発や森林伐採により、地域によっては絶滅の可能性があります。

スポンサーリンク

生息地

キタイイズナは日本の北海道に生息しています。

特徴

キタイイズナは全長20㎝程度のとても小さな哺乳類。オスの方がメスより大きくなります。小さな動物でありながらも、性格はとても攻撃的で獰猛です。威嚇してくることもあり、俊敏な動きをします。イイズナはめったに人前に姿を現さないことで知られています。キタイイズナは北海道のほかに、ユーラシア大陸、北アメリカなどでも少数生息しています。しかしながら、見つけにくいことから研究が進まず、あまり詳しい生態がわかっていません。体色は夏になると茶色、しかし冬になると白になります。キタイイズナの天敵はワシ、タカ、フクロウです。キタイイズナは冬眠をすることがありません。キタイイズナは1年中活動しており、昼夜活動する動物です。イイズナは単独行動が好きで、あまり群れることがありません。

生態

キタイイズナは主に小型哺乳類、両生類、魚類、昆虫などを食べて生活しています。また、植物を食べることもあります。キタイイズナは獰猛な性格をしており、自分より大きな動物を捕食することもあります。繁殖形態は胎生です。繁殖は4月~8月ごろにかけて行われ、1回につき1-6頭産むことができます。妊娠期間は1か月ほどで、子育てはメスだけで行います。生まれた子供はしばらくは視力と聴力がありません。1年ほど経つと繁殖できるようになります。寿命は2-4年程度です。

絶滅危惧種

キタイイズナは森林伐採や土地開発の影響を受けており、生息地が減少してきています。また、地球の環境変化により、冬毛のまま、周囲の雪が溶けてしまうことも多く、目立つ体毛が仇となり、天敵に見つかりやすく捕食されやすくなってきています。近年のポーランドではキタイイズナの個体数が急減しています。全体的にはまだ個体数は多いものの、局地的に見ると、絶滅する可能性が出てきています。別種であるニホンイイズナも、絶滅危惧種に指定されています。

飼育

キタイイズナは獰猛な性格をしており、一般人が飼育することはかなり難しいです。さらには捕獲を禁止している国も多いため、飼育することはかなり難しいです。動物園で鑑賞するか、日本、ユーラシア大陸などへ行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました