スポンサーリンク

日本絶滅危惧種動物 : オリイオオコウモリ

Animal

オリイオオコウモリはクビワオオコウモリの亜種で主に日本に生息しています。このコウモリは主に沖縄島に生息しており、クビワオオコウモリとよく似ています。オリイオオコウモリは森林に生息していて、あまり人間と遭遇することがありません。このコウモリは近年土地開発によって生息数が減少しており、絶滅危惧種動物に指定されています。保護活動が必要な状況にあります。

スポンサーリンク

生息地

オリイオオコウモリは日本の沖縄に生息しています。

特徴

オリイオオコウモリは体長20-21cm、体重300-400gです。このコウモリはほぼ沖縄県のみに生息しています。一部は台湾でも見ることができます。毛色は赤褐色や暗褐色で、長い羊毛状。首周りの毛色は淡い黄色や白です。オリイオオコウモリは森林に生息しており、単独で生活することもあれば、群れを形成することもあります。夜行性で、昼間も活動することがある動物です。日中の間は森林内で木の枝にぶら下がっています。

生態

オリイオオコウモリは果実類、花、葉っぱ、昆虫などを食べて生活しています。繁殖期は10~12月で1回につき1頭産むことができます。子どもは半年ほどで独立し、巣立っていきます。飼育下では寿命は20年ほどと言われています。

絶滅危惧種

オリイオオコウモリは主に台湾と日本で生息していますが、全体的に生息数が減っています。理由は土地開発による森林伐採です。オリイオオコウモリの住み家となる森が亡くなることで、生息できなくなってしまっているのです。市街地の植栽にも飛来して実を食べることから、駆除されることもあります。オリイオオコウモリは沖縄県のレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されています。クビワオオコウモリは絶滅危惧種に指定されています。

飼育

オリイオオコウモリは生息地が減少しており、生息数が激減しています。そのことから入手が難しく、一般人が飼育することはかなり難しいです。動物園で鑑賞するか、日本まで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました