スポンサーリンク

動物 : ペンギンの睡眠 立ったまま寝る?横になって寝る?

Pet

ペンギンはいつも立っているイメージを持っている人が多いでしょう。動物園などで見るときはいつもペンギンは2本の脚で立っているからです。ペンギンはお休みをする時間も当然必要になる動物です。そのことから、ペンギンが寝るときはどうやって寝ているのか気になる人は多いでしょう。そしてペンギンはぐっすり熟睡するのかどうかが気になっている人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ペンギンとは

ペンギンは鳥綱ペンギン目ペンギン科に属する海鳥です。ペンギンを哺乳類と思っている人が稀にいますが、実は鳥類なのです。ペンギンは鳥なのに飛べない生き物で、羽が退化し、海で活動するようになりました。これは飛ぶことが必要ないことから、羽が退化したと言われており、実際のところ、ペンギンの住んでいる地域では飛ぶ必要が全くありません。ハンディキャップを抱えている動物に見えるのですが、ペンギンはその代わり海の中で高速移動ができます。ペンギンは人間よりも泳ぎがうまいです。現在北極のペンギンは人間の捕食により絶滅してしまいましたが、南極やオーストラリア、南米、ニュージーランド、南アフリカを中心に生息しています。ペンギンは全部で18種類が存在します。

浅い眠り

ペンギンは寝るときは浅い眠りを何度も繰り返すことが分かっています。人間のように深い眠りにつくことがほとんどありません。ペンギンは陸地で睡眠をとります。そのため、海の中で寝ることはありません。理由は外敵に襲われるからです。しかしその一方で、陸上でもペンギンには外敵がおり、トウゾクカモメなどの襲われる可能性があります。そのことから、ペンギンは深い眠りにつくことがないのです。常に警戒をする必要があります。

立ったまま寝る

ペンギンは陸地で立ったまま寝ることが多くあります。寒い環境においてはできるだけ体温が下がることを防ぐため、雪と接する面積を小さい直立の姿勢で寝ます。その際には体温低下を防ぐためにつま先をあげることがあります。南極に住んでいるペンギンは立ったまま寝る傾向がとても強いです。横になって寝ているペンギンもいますが、昼間の温かい時間帯に限定されることが多いです。

横になって寝る

ペンギンは氷がないような環境においてはうつぶせになって眠ります。当たり前ですが、立ったまま寝るよりは気持ちよく寝れるはずです。眠っているときの格好は、おなかを地面につけて寝ていることが多いです。横になって寝る場合はとてもリラックスして寝ていることが多く、フリッパーを広げて寝ることが多いです。

ペンギンの睡眠時間

ペンギンは地域によって立ったまま寝ることもあり、横になって寝ることもありますが、熟睡することがありません。ペンギンは夜のほうが比較的よく寝れると言われており、1日の睡眠時間は人間と同じくらいで6-8時間と言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました