スポンサーリンク

【ペット飼育と子供】犬や猫の飼育は何歳から可能か? 飼育のメリットとデメリット

Pet

自分の子供にペットを飼わせてみたい、もしくは子供がペットを飼育したいと言ってきたときに親は困るでしょう。本当に自分の子供がペットを飼育することが可能なのか、そしてしっかり面倒を見ることができるのかという疑問を持つはずです。ペットはモノではなく、生き物です。しっかり検討したうえで飼育するかどうか考えましょう。

スポンサーリンク

何歳から飼育可能なのか?

ペットと言っても、犬や猫だけでなく、ウサギやフクロウ、さらにはミーアキャットやフェネックなど様々な動物がいます。犬や猫を基準に考えてみると、飼育が可能と思われる年齢は3歳以上と言われています。1歳や2歳ではそもそも、子供は二本足で歩くこともままなりません。ペットは病気のお世話、食事を与えたり、風呂に入ったり、さらにはトイレのお世話なども発生します。そのため、最低でも2本足で自力で歩いて、遊べるようにならないとペットの飼育はまず難しいでしょう。

飼育のメリット

犬や猫などのペットを飼育することにはどんなメリットがあるのでしょうか。以下のようなことが挙げられます。

人生経験

犬や猫の場合は人間と感情やイベントを共有したりできます。さらに人間よりも速く死ぬことから、命の尊さを学ぶこともできます。生活や人生を通じて、いろいろなことを体験できるため、豊かな感情を育むことができるのです。ペットはとてもかわいらしく、身近で接しているだけで自然と笑顔が増えます。

奉仕の精神

ペットを飼育することはペットに尽くすということになります。ペットを飼育することで第三者に対して、奉仕するという精神を育むことができるのです。これを経験することによって、人のために行動するという精神を鍛えることができます。ペットのお世話をしていると他者のことを思いやる心が芽生えてきます。

コミュニケーションの活性化

ペットを飼育することで家族内のコミュニケーションがとても活発になります。ペットはいわば家族のようなものです。ペットを通じて、親や祖父、祖母と話したり、イベントを共有する精神を育むことができます。より家庭的な子供に育成することができるようになります。

癒しの存在

ペットは困った時、精神的に落ち込んだ時、怒っていて収まらないときなどに癒してくれたり、落ち着かせてくれる存在です。ペットには飼い主の感情を察知し、寄り添う心があると言われています。辛い時こそ、ペットがあなたを癒してくれるのです。

飼育のデメリット

飼育にはメリットだけではありません。デメリットもあるため、総合的に判断してペットを飼育するか検討しましょう。面倒くさいとか、それ程愛情を注げない場合は飼育をしないほうが賢明です。最終的には飼育放棄してしまうひともいるのです。それはペットにとって不幸な一生になってしまいます。

プレミアムキャットフード『モグニャン』

死を迎える

仮に犬や猫を飼育する場合は、3歳で飼育を始めた場合は、高校生になる頃にペットが死を迎えることになります。今の犬と猫は15歳前後まで生きることができます。恐らく人間同様、ペットも医学や科学の力によって、10年後には劇的に寿命が延びて、30歳以上生きる可能性があると言われていますが、現時点ではまだ劇的な寿命の延長は難しいです。ペットとの別れは、とても辛いものになるので、それを理解したうえで飼育するかを検討しましょう。

手間がかかる

ペット飼育というのは、かなり手間がかかります。ペットに餌を与えたり、トイレのお世話、さらにはお風呂に入ることもあるでしょう。さらには病気になった時は病院へ連れていく必要もあります。手間がかかり、体力も必要なためそれ相応に疲れるということも知っておくべきです。

留守の場合の世話

ペットを留守番させる機会があるはずです。旅行であったり、キャンプであったり、帰省であったりする場合はペットを家で留守番させることになります。その際は、餌が途切れないように工夫したり、事故を起こさないように色々手配しておく必要があります。場合によってはペットシッターに頼む必要があるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました