スポンサーリンク

【ヨーロッパ旅行】ベラルーシ : ピンスク おすすめの観光スポット情報

Travel

ピンスクはベラルーシのブレスト州の都市です。現在人口は約130000人です。1000年代から歴史の中心にあった街でもあり、歴史が長い街です。ピンスクは、リトアニア大公国、ポーランド連邦、ロシア帝国、ウクライナ共和国、ポーランド共和国など、歴史の中で多くの国の支配を受けていました。 大きなイエズス会の大学があります。 ほかにも大きな教会やきれいなバロック様式の宮殿がここの地の見どころであり、観光スポットです。

スポンサーリンク

場所

ピンスク(Пінск、pinsk)は地図ではベラルーシのストルメン川とピナ川の合流地点にあります。ベラルーシ共和国(belarus)の観光名所です。

歴史

この街は以前からミンスク公国の領土になっていました。しかし1320年にリトアニア公国に編入されました。その後ポーランド分割のときにロシア帝国に征服されています。1991年にベラルーシ独立となり、現在に至ります。

気候

夏は快適ですが、冬は凍えそうなレベルで寒いです。年を通して気温は -9°C~25°Cを推移します。

言語

ベラルーシ語とロシア語が公用語です。もともとロシアに支配されていたことからロシア語ができる人がとても多いです。

治安

ベラルーシ全般的に良好であると言われていますが、軽犯罪が多いところでもあります。スリや置き引きに気をつけてください。

人種

ベラルーシ人が8割を占めています。その他はロシア人、ウクライナ人、ユダヤ人もいます。

観光スポット1 : イエズス会大学

旧イエズス会大学の巨大な建物はとても大きいため、市内どこからでも見ることができます。現在は歴史博物館があり、展示会が開催されています。

観光スポット2 : ブトリモビッチの宮殿

ピンスクの中心部にある建物です。建物は1784年に建てられポーランド・リトアニア王国スタニスラフ・アウグスト・ポニアトフスキーの王によって建てられました。

観光スポット3 : ピンスク歩行者通り

この通りはピンスクで有名です。街並みがとてもきれいで、夜はライトアップされます。カフェなどもあるのでのんびりくつろげます。

観光スポット4 : ベラルーシポリーシャ博物館

博物館には、歴史、文化、芸術についての資料があります。この博物館のガイドがいろいろ教えてくれます。ユニークな展示物がたくさんあるので楽しめます。

宿泊施設

ピンスクは宿泊施設が充実しています。少し距離がありますが、ミンスク空港があります。航空券やホテルは下記リンクから事前予約が可能です。他の言語に切り替えもできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました