スポンサーリンク

【アフリカ旅行】モーリシャス : ポートルイス 観光スポットガイド

Travel

ポートルイスはインド洋に浮かぶ国、モーリシャスの首都です。インド洋の貴婦人という異名を持っている自然スポットです。モーリシャスはかつてヨーロッパ列強の植民地となっていました。そのため、ヨーロッパ文化も共存する国です。モーリシャスは観光業が盛んであるため、リゾート地も開発されており、ホテルも充実しています。世界中からたくさんの観光客が訪れており、のんびり過ごすことができる場所です。

スポンサーリンク

場所

ポートルイス(port louis)はモーリシャス島の北西部に位置する都市です。街はマダガスカルにも近く、レストランやホテルもあるため旅の方にもおすすめの場所です。さらには現地でお土産も売られているので時間があれば近くの店に寄ってみましょう。

歴史

モーリシャスの存在は10世紀頃、アラブ人達に知られていました。16世紀になるとポルトガル人によって発見されました。その後、オランダ、フランス、イギリスによって支配される時代が続きます。1968年に正式に独立国家となりました。

気候

モーリシャスは熱帯気候に属しています。年を通して気温は19℃~30℃を推移します。

言語

モーリシャスの公用語は英語です。その他フランス語、クレオール語も使われています。

治安

モーリシャスの治安はアフリカ諸国と比べるととても良いです。しかし軽犯罪は多いので、スリや置き引きに気を付けてください。

人種

モーリシャスはインド系、アフリカ系、クレオール人が住んでいます。

産業

モーリシャスの主要産業は農業で、サトウキビ里の栽培が盛んです。さらに観光業も発展しており、観光客がたくさん訪れています。近年は工業も発達しています。

宗教

モーリシャスではヒンドゥー教徒、イスラム教徒、キリスト教徒がいます。

通貨

モーリシャス・ルピーが使われています。

観光スポット1 : Le Morne Brabant

ラグーンに囲まれた半島でル・モーン山がそびえており、頂上からの景色はとても美しいため、観光客に人気があります。

観光スポット2 : Chamarel Seven coloured Earths

大地が七色に輝く大地がとても美しい場所で、火山から噴出した鉱物が大気に触れることで起こる化学反応によって色が変化し、カラフルな色になっているのです。

観光スポット3 : Tamarind waterfall

モーリシャスにはとても美しい滝があります。そのなかでもタマリンド滝は熱帯雨林の中にある美しい滝で、動物たちと出会うこともできます。

観光スポット4 : Walk with lion

モーリシャスではライオンと触れ合い、さらに一緒に散歩ができます。ライオンたちは人間に育てられているため、攻撃しなければ襲われることはありません。

観光スポット5 : Pamplemousse Botanical Garden

パンプルムース植物園はモーリシャス最大級の植物園で、800種ほどの植物があります。英語・仏語によるガイドツアーもあります。

観光スポット6 : Casera World of Adventures

モーリシャス本島西部にある自然のレジャーパークです。ここは150種もの野生動物を見ることができます。非常に人気のある観光スポットです。

観光スポット7 : Blue bay

自然あふれるモーリシャスの海はとても美しいことで知られています。シュノーケリングやダイビングを楽しむことができます。

観光スポット8 : Black River Gorges National Park

ブラックリバー渓谷国立公園には展望台があり、とても人気があります。展望台付近には民芸品や、お菓子などの売店が揃っています。

観光スポット9 : Caudan waterfront 

コーダン・ウォーターフロントは港のすぐそばにある場所で、デートスポットとして知られています。カジノやゲームセンターがあり、観光客や地元民が集まっていて賑わっています。

観光スポット10 : Caudan waterfront 

移民受け入れに使われてきた建造物でユネスコの世界遺産に登録されました。1849年に作られたもので、当時の状態で保存されています。

宿泊施設

モーリシャスは宿泊施設が充実しています。サー・シウサガル・ラングラーム国際空港が最寄にあります。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約が可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました