スポンサーリンク

【猫の祖先にあたる動物】プロアイルルスとは? 最初のネコ科動物 猫の歴史

Animal

猫の一番古い先祖だとされているミアキスを知っている人は多くいるかもしれません。しかしネコ科の最初の動物と言われているプロアイルルスはあまり知られていません。彼らはおよそ2500万年前に生息していた小柄な生物です。彼らはネコ科動物の基盤となった動物であり、サイズも現代の猫とかなり近いレベルにあります。

スポンサーリンク

プロアイルルスとは?

プロアイルルスは猫っぽい動物です。体重10kgほどの小さな動物で、2500万年前に生息していた動物とされています。猫の先祖であるだけに、長いしっぽを持っており、最初のネコ科動物とも言われています。プロアイルルスは森で生息している動物の1種と言われています。プロアイルルスの祖先はミアキスになるのですが、ミアキスのなかで平原に生息地を移していったのがイヌ、森で生息していったのが猫といわれており、この森に残ったミアキスの進化系がプロアイルルスとされています。現存の36種のネコ属は同じ祖先から進化したと考えられています。その祖先はプロアイルルスだと言われております。

愛猫の食欲をそそる香りと味わい!プレミアムキャットフード『モグニャン』

特徴

プロアイルルスは非常に小型サイズの動物で、イエネコよりも少し大きめのサイズと推察されています。長い尾、大きな目、鋭い爪と歯があり、爪はある程度引っ込められていたと思われます。プロアイルルスは森に生息し、単独行動をしていたと思われます。単独行動をして、森の中に潜むことで、獲物に見つかりにくくなり、狩りができたと思われます。

生息地

プロアイルルスの化石は世界各地で見つかっており、ユーラシア大陸に広く住んでいたと思われます。化石はサンジェランで最初に発見され、ケルシーでも発見されています。

猫の祖先

ミアキス

猫の最も古い祖先にあたるのがミアキスです。ミアキスは6500万年前に存在していた小型哺乳類と言われており、犬や猫、さらにはアシカなどの最も古い祖先にあたります。ミアキスが存在しなければ、犬も猫もこの世に存在しませんでした。体長20~30cm程度のこのミアキスは平原に生活の場を移していった者と森に留まり生活をしていった者に分裂していきます。森を離れたミアキスが犬の祖先と言われるディニクチスへと進化していきます。

プロアイルルス

森の中で生活を続けていたミアキスから進化した動物がプロアイルルスです。2500万年前に生息していたとされるネコ科の祖先で、尻尾を持っていることから、現在のネコにかなり近い形をしていると推測されています。プロアイルルスはユーラシア大陸に生息していました。この祖先からネコは多種多様に進化していき、世界に広がっていったと推測されます。今の猫より少し大きめサイズと言われています。

特許取得成分配合!『カナガンデンタルキャットフード』

プセウダエルルス

プロアイルルスの進化系が1000万~2000万年前に誕生しました。プセウダエルルスは猫の先祖で、体が細く木登りが得意な動物でした。チーターやヒョウなどの大型ネコ科動物の祖先にあたるとされており、プセウダエルルスの時代から多彩な猫が誕生していったと言われています。大型から小型までの様々なサイズが登場しました。

シザイルルス

プセウダエルルスは2種類に分かれ、その内の一つがシザイルルスだとされています。シザイルルスは1800万年前に生息していた生き物で猫の祖先にあたります。シザイルルスはその後さらに枝分かれしていったと言われており、アッティカネコという生き物がイエネコに1番近い祖先になったと言われています。 アッティカネコは1200万年前に登場したネコの祖先です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました