スポンサーリンク

アメリカ絶滅危惧種動物 : アメリカアカオオカミ

Animal

アメリカアカオオカミはアメリカ合衆国に生息するイヌ科の動物です。このアメリカオオカミは世界で最も絶滅に近いオオカミと言われており、絶滅が迫っている危機的な状況にあります。アメリカアカオオカミは肉食獣で人間が飼っている家畜などを襲うことから人間によって駆逐されてしまいました。以前はアメリカ大陸に広く分布していたのですが、現在住んでいるのはノースカロライナのみ。保護区となっており、現在保護活動が行われているのです。

スポンサーリンク

生息地

アメリカのノースカロライナ州です。

特徴

アメリカアカオオカミはイヌ科イヌ属のオオカミです。体長は90‐130cm、体重は18-40kgあります。毛衣は灰色、淡褐色、褐色、淡黒褐色など個体差があります。他のオオカミよりも耳が縦に長いことが特徴と言えます。昼間は休んでいます。夜になると獲物を探して歩き回ります。生息地は洞窟などを作り、巣を作ります。森林、草原、水辺など幅広い気候で生きていけます。

生態

アメリカアカオオカミは肉食で、動物を食べます。シカ、ウサギ、昆虫などを食べます。繁殖形態は胎生で巣穴のなかで繁殖します。妊娠期間は2か月ほどあり、1回につき1-10頭産むことができます。社会性のある動物で群れを形成します。生まれた子は2か月程度は授乳期間になり、2,3年たつと性成熟します。寿命は最大15年程度と言われています。

絶滅危惧種

アメリカアカオオカミはもともと人間の家畜を襲うことが多くありました。そのため、人間によって駆逐されて生息数が大きく減りました。野生におけるその数はわずか10-20頭で絶滅寸前といってもいいでしょう。アメリカアカオオカミはかつて南部から東部にかけて広く生息していましたが、現在はノースカロライナ州東部のアリゲーターリバー国立野生生物保護区およびポコシン湖国立野生生物保護区にしかいません。1980年には野生下での絶滅が宣言されたのですが、その後野生のアカオオカミが発見されました。人工繁殖を試みてはいますが、個体数が増えても人間の家畜を襲ってしまうため、増えるたびに生息数が激減する流れを繰り返しています。

飼育

アメリカアカオオカミは絶滅寸前の動物ということもあり、一般人が飼育するのはかなり難しいです。アメリカの自然保護区へ実際に行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました