スポンサーリンク

日本絶滅危惧種動物 : リュウキュウイノシシ

Animal

リュウキュウイノシシは日本にのみ生息しているイノシシの仲間。奄美大島や加計呂麻島、徳之島などの奄美諸島から、沖縄本島、石垣島、西表島などの沖縄諸島にかけて分布している動物で、イノシシの亜種にあたります。習性や食性はイノシシとほぼ同じです。体型は生息する島によって相違があります。リュウキュウイノシシは生息数が減少しており、日本では絶滅危惧種に指定されています。

スポンサーリンク

生息地

リュウキュウイノシシは奄美大島や加計呂麻島、徳之島などの奄美諸島から、沖縄本島、石垣島、西表島などの沖縄諸島に住んでいます。

特徴

リュウキュウイノシシは体長90-140cm、体重40-70kgです。リュウキュウイノシシは森林や草原などで生活していますが、農地に現れることが良くあります。ミカン類やサツマイモ、サトウキビなどに被害を与えることもあり、駆除されることもあります。活動時間は昼間、夜間問わずで、イノシシと比べると体が小さいです。そのことから、角も小型です。リュウキュウイノシシは沖縄ではヤマンシーとかカマイと呼ばれています。

生態

リュウキュウイノシシは雑食で、地下茎やタケノコ、シイなどの木の実だけでなく、ミミズやトカゲ、ヘビ、昆虫類、ネズミなども食べることがあります。ニホンイノシシの繁殖期が通常年1回であるのに対して、リュウキュウイノシシの繁殖期は年に2回あり、10~12月と4~5月の年2回で、1回で4~6頭の子供を産みます。

絶滅危惧種

リュウキュウイノシシは他のイノシシに比べると生息地域がとても狭いです。さらに生息数がとても少ないことから、絶滅危惧種とされています。日本では1900年代に土地開発が盛んになり、イノシシの住める場所がどんどん少なくなっています。さらには農地へ侵入することから、農家によって殺害されることもあります。そして道路に出てくることから車に轢かれる事例も絶えません。リュウキュウイノシシを狩猟している人間もおり、生息数が減り続けているのです。徳之島では、絶滅危惧種に指定しており、鹿児島県でも絶滅危惧種に指定されています。

飼育

リュウキュウイノシシは元々生息数が少ない動物で、かつ絶滅危惧種にもなっていることから、飼育は容易ではありません。動物園で鑑賞するか、日本まで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました