スポンサーリンク

【アフリカ旅行】サントメ・プリンシペ : サントメ 人気観光スポット情報

Travel

サントメは旅行で人気があり、観光スポットのツアーも多数あります。ここはアフリカの島国サントメ・プリンシペ の首都です。西アフリカにある小さな島国でギニア湾に浮かぶ赤道直下の国です。火山島であるサントメ島、プリンシペ島から構成されています。自然が最大の観光スポットで、山や海など見どころがたくさんある都市です。年中高温多湿で蒸しているため、やや暑苦しい場所です。ポルトガルの支配下にあったことからヨーロッパ文化も非常に浸透している国です。

スポンサーリンク

場所

サントメはアフリカ大陸の西に位置している島国です。旅をする方が多く博物館やホテルなど観光スポット情報が多いです。写真なども検索するとたくさんでてくるのが魅力です。

歴史

サントメ・プリンシペは中世まで完全に無人の島でした。1471年にポルトガル人が上陸してポルトガル領になりました。奴隷貿易の中心地になり、コーヒーやカカオの栽培が盛んになりました。その後1975年にポルトガルから独立を果たしました。

気候

サントメは熱帯気候に属しています。年を通して気温は19℃~34℃を推移します。

言語

公用語はポルトガル語です。さらにアンゴラ語やプリンシペ語が使われています。

治安

サントメはアフリカ諸国の中では治安が良い場所です。しかしながらスリや置き引きが多いので注意してください。

人種

黒人と白人が大半を占めています。その他アンゴラ難民が住んでいます。

産業

サントメはカカオやコーヒーの栽培がとても盛んです。サントメは農業国で、鉱業などほかの産業は発展が遅れています。

宗教

サントメはキリスト教徒が70%を超えています。その他無宗教派もいます。

通貨

独自通貨サントメ・プリンシペドブラが使われています。

観光スポット1 : Obo National Park 

サントメ島の約30%を占めるのが、オボ自然公園です。熱帯雨林が広がり、アフリカでしか見れない固有種の動物たちと出会えます。

観光スポット2 : Rolas Island

ロラス島は小規模なリゾート開発が進んでいるところです。自然そのままの場所で、のんびりくつろぎたい人におすすめの場所です。

観光スポット3 : Forte de Sao Sebastiao

16世紀の典型的なポルトガル式要塞で奴隷貿易の拠点になっていました。4つ星のシェイプの稜堡要塞となっています。

観光スポット4 : Pico Cao Grande

この山にはアフリカ固有種の800の植物があります。サントメ・プリンシペの定番のおすすめ観光名所となっています。

観光スポット5 : Sao Tome Town

首都サントメの中心街です。中心部は歩いて観光が可能で、ホテルから、ナショナル・ミュージアム、大統領府、カテドラル、文化センターなどがあります。

観光スポット6 : Central market

サントメ・プリンシペでも中央市場はとても活気がある場所です。果実、野菜など多数の食料をここで買うことができます。

観光スポット7 : Boca de Inferno

美しい海に似つかわしくない洞窟があり、観光名所の一つです。面白い形をした岩場が見ものとなっており多くの観光客が訪れます。

観光スポット8 : San Thome Cathedral

地下に聖堂があり記念碑や棺、墓碑が展示されてます。サントメ大聖堂にはザビエル像やザビエルが持ち込んだとされるマリア像があります。

宿泊施設

サントメは宿泊施設が充実しています。サントメ国際空港が最寄にあります。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約が可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました