スポンサーリンク

【南極旅行】フランス : フランス領南方・南極地域 クロゼット、ケルゲレン、セントポール観光

Travel

フランス領南方・南極地域はフランスの海外領土ですが、場所はほぼ南極大陸のすぐそばにある島々です。南極の観光スポットではあるのですが、人の手が入っていない自然の絶景を見ることができることから、とても人気があるのです。人間関係が嫌になってしまった人は気晴らしにこの島へ行ってみるのもいいでしょう。場所も南極であるため、自然の観光スポットがとても多いです。住民のほとんどが研究機関・軍関係者です。

スポンサーリンク

場所

フランス領南方・南極地域は南極大陸のすぐ近くにあります。

歴史

フランス領南方南極大陸は、1955年以来、フランスの海外領土。以前は、パリからの領土管理官によって管理されていました。2019年クロゼット、ケルゲレン、セントポールおよびアムステルダム諸島は、ユネスコの世界遺産に「フランス領南方南北海」として登録されました。

気候

ツンドラ気候に属しています。年を通して気温は-1℃~23℃を推移します。

言語

フランスの公用語はフランス語です。

治安

フランス領南方・南極大陸は人口140人程度の小さな集落です。そのため、治安に問題はありません。

人種

すべての住民がフランス人です。

産業

この島は何度か定住計画があったのですが、定住者は研究者やフランス軍関係者のみです。そのため、これといった経済発展はしていません。

宗教

フランス人のほとんどはキリスト教徒です。

通貨

フランスではユーロが使われています。

観光スポット1 : Kerguelen Islands

ケルゲレン諸島には、2019年からユネスコの世界遺産に登録されている海洋自然保護区があります。珍しい動物たちが住んでいます。

観光スポット2 : Amsterdam Island

1892年にフランスが領有した島です。以前はマダガスカルの属領でした。火山がありますが、現在は活動していません。

観光スポット3 : Ile Saint Paul

サンポール島沿岸で漁獲されるエビが有名な地域です。火山島であることからクレーターがある島で有名です。

観光スポット4 : Îles Crozet

クローゼー諸島には4種類のペンギンが生息しています。マカロニペンギンで、キングペンギン、イワトビペンギン、ジェンツーペンギンと出会えます。

観光スポット5 : Îles Éparses

マダガスカル島周辺部に散在する、定住者のいない島です。軍人と研究者しか住んでいない島です。

宿泊施設

フランス領南方・南極大陸には住民が少ないことから宿泊施設がありません。計画的な旅行をしましょう。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約が可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました