旅行

スポンサーリンク
Pet

【猫と生活】猫はキャンプへ連れて行けるのか? トイレ対策 旅行

猫というと、どちらかというとインドアな生き物に見えます。家の中をテリトリーとして、縄張り意識が強いため、外の世界を嫌うようなイメージが強いです。しかし実際のところ、猫をキャンプに連れて行ける可能性は十分あります。重要なポイントは性格面です。内向的な性格で難しいですが、その逆であれば連れて行ける可能性があります。
Travel

【旅行と宿泊施設】旅行計画の立て方 移動手段、ホテル、目的、行き先の決め方

旅行計画というのは最も重要なポイントです。旅行の計画が狂ってしまうと、宿泊施設が見つからなくなってしまったり、自分の予定が狂ってしまったりして、色々面倒なことが起こってしまいます。行き当たりばったりの旅行も楽しいですが、計画を立てておいた方が費用を抑えられることが多く、楽しめると思います。
Pet

【猫と旅行、車】猫をドライブへ連れて行けるのか?

猫は家に居つくと言われている動物であり、縄張り意識がとても強い生き物です。そのため、旅行などには不向きとも言われていますが、ブロガーなどではネコと旅行している写真などもあちこちで見ることができます。実際のところ旅行は可能なのでしょうか。猫と一緒にドライブへ連れていくことはできるのでしょうか。
Animal Attraction

【動物と旅行】日本 : 猫と添い寝ができるホテル

日本ではネコなどのペット需要が急激に増えています。そんななか、旅行などの宿泊先のホテルなどで猫従業員を雇っているホテルが登場してきています。そもそも、猫がホテルにいて、なにをしてくれるのか、そしてどのようなサービス内容になっているのか気になる人は多いでしょう。その特徴と内容について記事にしています。
Animal Attraction

【動物観光旅行 : 野生動物の楽園】スリランカ : ヤーラ国立公園

スリランカにあるとても有名な国立公園。ヤーラ国立公園は最も訪問者数の多い国立公園であり、多数の野生動物たちが住んでいます。野生動物たちの中には絶滅危惧種やスリランカの固有種の動物も住んでおり、珍しい動物たちと出会うこともできるのです。観光ツアーなども開催されており、とても人気のある場所です。
Animal Attraction

【動物観光旅行 : 猫の村】台湾 : 猴硐

猴硐は台湾にある猫の村として有名です。もともとこの地は炭鉱の町でしたが、SNSなどによって猫が多数住んでいることが分かり、毎年多くの旅行客が訪れる猫の村として有名になりました。2013年にはCNNにより猫が観光名所を凌駕する5つの場所の一つとしてこの村が紹介され、世界的にも認知されているところです。
Animal Attraction

【動物観光旅行 : 世界遺産】アメリカ アイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州 : イエローストーン国立公園

アメリカにあるイエローストーン国立公園は世界遺産にも登録されているので多くの旅行客が訪れる場所として有名です。イエローストーンは北米で一番多くの野生動物を見ることができる場所でもあります。バイソン、グリズリーベア、ブラックベア、エルク、ビッグホーンシープ、プロングホーンなど多数の動物達と出会うことができます。
Travel

【南米旅行】ガイアナ : ジョージタウン

ジョージタウンはガイアナの首都に当たります。南米大陸の北東部に位置し、ブラジルとベネズエラ、スリナムに囲まれた国ガイアナは南米で唯一英語が公用語の国です。これは以前、イギリスの影響を強く受けていたことが挙げられます。ジョージタウンには、木造建築の美しい大聖堂や活気のあるマーケットなどが見どころです。
Travel

【カリブ海旅行】アンティグア・バーブーダ : セントジョンズ

アンティグア・バーブーダはカリブ海に浮かぶ、アンティグア島とバーブーダ島の2つの主な島から成り立っています。元々はイギリスの支配を長年にわたって受けていましたが、1981年に独立しています。アンティグア島の方には観光スポットがたくさんあり、自然スポットが充実しています。毎年多数の旅行客が訪れます。
Travel

【カリブ海旅行】イギリス : アンギラ バレー

アンギラはイギリス領の小さな島で、人口も少ない場所でありながら観光スポットとして有名です。イギリス植民地時代の建物が多数残されており、人気のリゾートも多く点在しています。またそれだけでなく、美しいビーチが広がっており、年中暖かい気候もあり、とても多くの観光客が訪れる場所でもあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました