スポンサーリンク

ニュージーランド絶滅危惧種動物 : タカヘ

Animal

タカヘはニュージーランド固有種の鳥です。飛べない鳥として有名な動物でニュージーランドの典型的な鳥と言えます。他のニュージーランドの鳥と同様、外敵が少ないため、羽が退化し、とべなくなりました。大きさはニワトリと同じぐらいで、体格がとても良い動物です。ツル目クイナ科に分類される鳥類で別名ノトルニスとも呼ばれています。タカヘは完全に絶滅したといわれていた動物なのですが、生存が確認されています。

スポンサーリンク

生息地

タカヘはニュージーランドに生息しています。

特徴

タカヘの全長は平均63cmで、平均体重は約2.7 kgです。ずんぐりした、鳥で、短い足を持っています。飛べない鳥として有名です。タカヘの羽毛は虹色で、頭、首、下側は主に紺色または紺色で、翼は孔雀の青です。タカヘは飛べませんが、羽をうまく使って斜面を登ることができます。タカヘはクイナ科の鳥の中では最大種の鳥です。タカヘは頑丈な赤い脚と大きくて強い赤いくちばしを持っています。山地や森林の草地に単独か群れを形成して生活しています。

生態

タカヘは草の芽や若草の茎、草の実などの植物を食べます。たまに無脊椎動物や爬虫類を捕食することもあります。繁殖期は10-12月で枯草などを敷いて巣を作ります。繁殖形態は卵生で1回につき1-2個の卵を産むことができます。抱卵期間は1か月程度とされています。生まれたばかりの子供はしばらく親とともに生活します。2年ほどで巣立ち、独立します。タカヘは野生で16〜18年間、飼育下で20〜22年生きることができます。

絶滅危惧種

タカヘはニュージーランドの固有種で、他の鳥と同じように空を飛べません。理由としては外敵がいなく飛ぶ必要がなかったからです。そのため羽が退化したのです。しかし近代になり、ヨーロッパ人が肉食動物をニュージーランドへ持ち込んでしまいました。捕食者であるネコやイヌ、キツネなどによって狩られてしまいました。さらに人間も食用肉としたことから乱獲されてしまったのです。そのため、タカヘは一度絶滅したといわれていました。しかし1948年になって、少数生き残っていることが判明したのです。現在は保護区が制定され、飼育下での繁殖の取り組みがなされています。

飼育

タカヘは希少種の鳥で、一般人が飼育することは不可能です。動物園で鑑賞するか、ニュージーランドまで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました