スポンサーリンク

モンゴル絶滅危惧種動物 : タルバガン

Animal

タルバガンはシベリアマーモットとしても呼ばれ、主にモンゴルで見られます。齧歯動物の一種です。齧歯動物は、暑い時期に手つかずの植生を求めて範囲内を垂直に移動することが知られているため、800〜1000mの山を登ることができます。しかし近年とても生息数が減っており、絶滅危惧種として指定されています。このマーモットは茶色または薄茶色の毛皮を持ち、尾が非常にふさふさしています。

スポンサーリンク

生息地

モンゴル、中国、ロシアで生息しています。この種の主な生息地は、開いた草原、山の斜面、および谷です。

特徴

タルバガンは、草地、低木地、山岳草原、高山草原、開放草原、森林草原、山岳斜面、半砂漠、河川流域、谷などに生息しています。 タルバガンは社会的な動物でコロニーを形成します。タルバガンは、しばしば標高の高い場所で採餌することがあります。体重は6-8kg、体長は50-60cmです。彼らの尻尾はふさふさしていて、体の長さの約半分を占めています。毛皮は主に茶色で、中程度の長さで、きめが細かい。背側では、毛皮は薄茶色から淡いさび色で、しばしば淡い白っぽい黄色がかっています。毛皮の色は、春の薄灰色がかった茶色から晩秋の赤褐色まで、季節によってわずかに変化します。

生態

タルバガンはグループ内で交尾します。彼らが住んでいるコロニー内で繁殖します。一夫一婦制の関係を形成します。妊娠期間は40-42日です。 5月末に出産し、6月に巣穴から出産します。最大8匹の子を産むことができます。マーモットの寿命についてははっきりとはわかっていません。野生では13〜15年、飼育下では7〜21年と言われています。冬に冬眠し、巣穴を保護に使用します。冬眠中に巣穴を塞ぎます。

絶滅危惧種

人間がマーモットを肉や皮として求めて狩猟したため、 マーモットの生息数は深刻な影響を受けており、依然として減少を続けています。長期的に減少しており、1990年代には全体の70%減少しました。この減少は主に、人間の事業(食品、毛皮、スポーツ)と病気(ペスト)によるもの。 最も注目すべきは、タルバガンの皮膚を求めて狩られていることです。 1906年から1994年の間に、モンゴルだけで1億420万の皮が準備されました。 さらに、ペスト感染拡大への恐れが大規模な駆除キャンペーンにつながり、感染したマーモットと健康なマーモットの両方が狩られてしまいました。 この種はIUCNレッドリストによって絶滅危惧種に分類されています。 現在タルバガンはモンゴルの保護地域法および狩猟法の下で保護されていますが、あまり成果はでていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました