スポンサーリンク

【中米旅行】ホンジュラス : テグシガルパ

Travel

テグシガルパはホンジュラス最大の都市で首都になります。政治、経済の中心地でインディオの言葉で「銀の丘」を意味します。これは昔この地で銀が発見され、採掘されたことからこのような名前になりました。1998年のハリケーン・ミッチで、未曾有の人的・物的被害を受けましたが見事に復興しています。人口は1170000人で近年は治安の悪化が進んでいます。旅行する場合は注意してください。繊維業、砂糖、タバコの産地です。観光スポットがたくさんあり、ツアーもよく組まれています。

スポンサーリンク

場所

ホンジュラスの首都。赤道近くにある都市です。

歴史

テグシガルパは16世紀に設立された都市です。1524年に銀が見つかったことにより建設され、経済発展が急激に進みました。その後1880年以降はホンジュラスの首都として今に至ります。

気候

サバンナ気候に属しています。年を通して気温は5℃~37℃を推移します。

言語

公用語はスペイン語です。しかしながら先住民族も多いため、英語や先住民族が使う言語(ミスキート、ガリフナ)も使います。

治安

1900年代まではとても治安のよい国でした。しかし1990年頃に起きたハリケーンによって都市は壊滅的な打撃を受けました。それ以後、貧困率があがり、治安は急激に悪化しています。旅行するときは注意が必要です。

人種

メスティーソが大部分を占め、90%以上と言われています。その他はインディヘナ、黒人、白人が少数います。

観光スポット1 : 中央公園

テグシガルパの中心にある公園で、街の観光スポットの一つです。町の中心部ということもあり、周囲にお店も揃っています。若者から老人まで集まる公園です。

観光スポット2 : カテドラル

カトリック教専用の教会です。イタリア人建築士が設計したバロック式の建物でとても綺麗です。彫刻、絵画、ステンドグラスで飾られています。

観光スポット3 : サンタマリア・ドローレス教会

テグシガルパで最も古い歴史を持っている教会です。教会前の広場とても広く、綺麗です。また、境界付近にはお店がたくさんあり、買い物もできます。

観光スポット4 : 国立美術館

テグシガルパにある美術館です。いくつもの彫刻が置かれており見ごたえがあります。ホンジュラスで活躍した芸術家の作品を多く集めた美術館です。

観光スポット5 : ピカッチョ

テグシガルパの中心部より北方に位置する丘の上の公園です。丘というほど高いところではありません。しかし美しい公園で自然にあふれています。

宿泊施設

ホンジュラスの首都ということもありホテルは充実しています。トンコンティン国際空港が最寄にあります。航空券やホテルの予約は下記リンクから可能です。他の言語にも対応しているサイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました